このページの本文へ

LINEとGoogleカレンダーを連携し、スケジュール調整などを行なう

LINEのチャットbotでスケジュール管理ができる「bot for cal」

2016年10月11日 14時09分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 INJUSは10月11日、「LINE」と「Googleカレンダー」を連携し、スケジュール調整の応対と登録までをチャットbotが自動化するサービス「bot for cal」の一般リリースを開始した。価格は月額980円。

 LINEのタイムライン上で「ヒマ」と入力すると、直近3候補の空き日時を返す「ヒマ・アポスイッチ」機能を搭載。ユーザーのGoogleカレンダーの隙間の空いている日時を見つけ出す。これにより、アポ調整時の「空き日時」確認に費やす時間が省略される。

 また、予定を入れる場合は「アポ」と入力する。BOTが場所や名前、会社名、連絡先などをヒアリングし、必要事項をカレンダーへ反映させる。また、双方のアドレスに確認のメールを送信する機能も搭載されている。先日、LINE DEVELOPER DAYにて発表された新仕様「Messaging API」にも対応している。社内外問わず、今後この分野の開発を強化していくとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ