このページの本文へ

iPhone 7&iOS 10、ASCII総力特集! ― 第10回

かなりレベルの高い防水/防塵構造

iPhone 7の防水/防塵性能「IP67」はどのくらい強力なのか?

2016年09月08日 17時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneがついに防水に!

 本日発表された「iPhone 7」で、iPhoneもようやく防水/防塵構造になりました。iPhone 7の防水/防塵性能は「IP67」だそうです。IP67はどのくらいのレベルで防水/防塵を実現しているのか? 調べてみました。

IP67はどのくらい強力なのか?

 IPとは、国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級。IPの後が人体と固形物に対する等級を、その後ろが水の侵入に対する等級を表します。すなわち、IP67とは、6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持つという意味です。

 具体的にどの程度の防水/防塵性能なのか? 工業用の測定器などを開発/販売する、石川県に本社を置く日新産業のページを参照してみます。

日新産業ウェブサイトより
日新産業ウェブサイトより

 6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。そして7等級の防水性能は最高レベルの8より一段階低く「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。

 このことから、IP67の保護等級は、防水/防塵ともにかなり高レベルだと言えます。「水中に浸漬しても有害な影響を受けない」くらいなので、雨やコップの水をこぼした程度では平気そうですね。

 ただ、「水濡れによる損傷は保証の対象になりません」との記載が公式サイトにあるため、積極的に濡らすことは避けたほうが無難かもしれません。

 余談ですが、以前、防水/防塵をうたうスマートフォン(メーカーや機種はここでは伏せます)を愛用していました。あるとき「ちゃんと耐えられるか実験してみよう!」と思い立ち、水に沈めてみたところ、翌日からなんとなく調子が悪くなり、翌々日からおかしな動きをするようになり、最終的に電源が入らなくなったことがあったので、私はもしiPhone 7を購入しても、無茶はしないことにしています。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中