このページの本文へ

腕時計5000本が発売わずか数ヵ月で完売した理由は? メーカー・IT系なら絶対見逃せないセミナーやります!【大人気!! まだ入れます】

2015年02月03日 18時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)/アスキースタートアップ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
国産腕時計「タイムピース」。昨年、発売数ヵ月で5000本を売りきったそうです

お待たせしました、追加の席のご用意ができました! こちらから申し込みいただけます。増席に伴い、会場が『角川第3本社ビル』から『角川本社ビル』に変更となりました。最寄り駅の変更はございませんが、ご参加の方はお気をつけください。最初の定員30席が1日で完売、追加ぶんも1週間を待たずに売り切れてしまい、参加希望の皆さまにはご迷惑をおかけしています。なお当日は、会場内にて各社の製品を実際にご覧いただけるコーナーをご用意する予定です。(2015年2月9日 編集部)

 「週刊アスキー」「週アスPLUS」のスタートアップ支援企画『大江戸スタートアップ』では、業界の最新トレンドが分かるセミナー『大江戸スタートアップアカデミー』を開催しています。

 第4回目のテーマは「ネット時代のモノ作り」。新しいビジネスに興味のあるメーカー、IT系企業にお勤めの方にぜひ知ってほしい内容です。開催日は2月20日(金)19時~21時半、参加費用は2000円(学生500円)です。お申し込みはこちらから。

 いまファッション業界で、無名の国産ブランドがネットで飛ぶように売れるという信じがたい現象が起きています。売れているのは質の良さにこだわった日本製の腕時計やスーツ、女性向けのワンピースドレス。中でも腕時計は、発売からほんの数ヵ月で初年度分5000本が売り切れてしまったと言います。

 日本ブランドが価格の安さで中国アジア勢に押される中、一体なぜそんな奇跡のような成果が出たのでしょうか? キーワードは「ネットSPA(製造小売)モデル」です。

失敗を恐れず事業を成長させる方法

 第1部ではネットSPAモデルで成功した3社の社長にビジネスモデルを分かりやすく解説してもらいます。登壇いただくのは、国産腕時計のノット(Knot)、オンラインスーツオーダーのライフスタイルデザイン、ワンピースドレス「ケイミー」(Kay me)のマオジェンワークス(maojian works)。

 第2部では、3社の社長に加え、三越伊勢丹ホールディングス額田純嗣氏を招聘。売上日本一の百貨店のバイヤーを交え、グローバル時代、インターネットを活用していかに日本のモノを売っていくべきかを現場目線で伺います。

登壇者紹介

国内腕時計業界初の製造小売(SPA)モデルを展開
Knot代表 遠藤 弘満(えんどう ひろみつ)

1974年東京生まれ。 米国特殊部隊用腕時計「LUMINOX」を日本に定着させ、「SKAGEN」「noon」「BERING」といった北欧ブランド時計を年間20万本の市場へと成長させたウォッチプロデューサー。 2011年、デンマークデザインを広く普及した実績が評価され、ファッション分野では日本人初となる“デンマーク輸出協会賞及びヘンリック王配殿下名誉勲章”を受勲。 2014年、腕時計離れが進むマーケットにおいて、今本当に求められている時計を消費者に届けるため、JAPAN MADE WATCH「Knot」を創設。

ノットの国産腕時計

オンラインスーツオーダー「ラファブリックス」を展開
ライフスタイルデザイン代表 森 雄一郎(もり ゆういちろう)

岡山県生まれ。大学在学中、単身渡仏しパリコレクションの取材・ライティングを経験。卒業後、大手ファッションプロデュース会社ドラムカンにて国内外ブランドの企業のファッションショー、イベントの企画、プロデュースを経験。2014年2月、全て日本製でカスタムオーダーのファッションブランド「LaFabrics(ラファブリックス)」を開始。IT化が遅れるアパレル縫製の現場でイノベーションに取り組み、多様化するお客様のニーズに適した「本当に自分に合う一着に出会う」ことが出来る唯一のサービスを目指す。

ラファブリックスの国産オーダースーツ

日本製ジャージードレスブランド「ケイミー」を展開
maojian works代表 毛見 純子(けみ じゅんこ)

大阪市生まれ、早稲田大学第一文学部卒業。ベネッセコーポレーションにて営業職、プライスウォーターハウスクーパースにて組織人事コンサルティング、ボストンコンサルティンググループにて経営戦略コンサルティングに従事する。2007年12月maojian works株式会社を設立。金融、ITおよびマーケティングコンサルティング事業を提供。2011年3月、同社内にて日本製ジャージードレスブランドkay meを立ち上げ、銀座7丁目で予約制のサロンを開業。1年後4丁目教文館ビルにて旗艦店を開設。2014年2月に銀座中央ビルへ200%増床移転。同年kay me Campusと称した学び事業を展開。

ケイミーの国産ジャージードレス

売上日本一の百貨店で新展開を進めるトップランナー
三越伊勢丹ホールディングス 額田 純嗣(ぬかた じゅんじ)

早稲田大学卒業後、2002年伊勢丹に入社、2009年新宿店婦人服セールスマネージャー。世界一の売上高を誇る伊勢丹新宿本店の2013年3月に改装グランドオープンでは本館2階の婦人服を担当。商売と店作り、ブランディングを学ぶ。2014年より「三越伊勢丹ホールディングス」の基幹店である新宿伊勢丹、日本橋三越、銀座三越の婦人服バイヤーを務める。共著に、『新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする』(NHK出版)。

●開催概要
■日時 2015年2月20日(金)
受付開始 18時30分 開演 19時 終了予定 21時30分
■場所 株式会社KADOKAWA 角川本社ビル 2Fホール
東京都千代田区富士見2-13-3
■入場料:2000円(学生500円)
■募集人数:合計80名(予定)
■主催 KADOKAWA
■内容
第一部:社長講演
第二部:スペシャルトークセッション
ゲスト:三越伊勢丹ホールディングス 額田 純嗣氏
※セミナー後に交流の時間を用意しています。
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

写真:Knot、LaFabrics、kay me

カテゴリートップへ