このページの本文へ

“足あと”機能は未定

iOS版ポケモンGO、バッテリーセーバー復活へ

2016年08月04日 19時39分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOS版「ポケモンGO」で削除されていたバッテリーセーバー機能が数日のうちに復活する。Pokémon GOの公式Facebookアカウントが明らかにした。

 バッテリーセーバーは、ポケモンGOをプレー中にスマホを逆さまにすると画面が暗くなり、その間バッテリー消費を抑えるという機能。リリース当初、この機能をオンにした状態でプレーしていると、画面が暗くなったまま復帰しなかったりアプリがフリーズしたりする現象が起こっていた。

 配信元のNianticは7月30日、アプリをアップデートしたタイミングで本機能を削除(Android版は残ったまま)。iOS版のバッテリーセーバーについてバグが多かったことを8月4日のFacebookへの書き込みで認めた。

 これにより次のアップデートでバッテリーセーバーが復活することが予想され、また使えるようになればより長くポケモンGOを楽しめることだろう。

 なお7月30日のアップデートでは、このほかにも「近くにいるポケモン」の画面にあった“足あと”も削除されており、この機能に関しても復活が望まれる。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

女子モテ☆ハロウィンPC自作に挑戦in大阪