このページの本文へ

コールセンターを効率化、AI型ソリューション「トレイナ」誕生

文●通販通信

2016年07月01日 01時52分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image.png

 (株)野村総合研究所(NRI)は6月30日、コールセンターを含む窓口業務の問い合わせに対応する人工知能(AI)型ソリューション「TRAINA(トレイナ)」を、7月から販売開始すると発表した。

 トレイナは問い合わせ内容を的確に理解し、過去に得た知識をもとにした回答候補を提示・自動回答ができる。

 従来の対話型システムは原則一問一答型で、質問があいまいな場合はシステムが的確な回答をするのが難しかった。「トレイナ」は、利用者からのあいまいな質問をシステム側で解釈し、利用者の目的や意図を絞り込むための新たな質問を投げかけ、自然な対話を繰り返すことで、利用者のニーズに的確に合致した回答を提供する。追加質問や回答は、既存システムで蓄積した膨大なデータをもとにしている。PCやスマホからの質問には、トレイナが自動回答し、窓口業務を効率化する。

 トレイナは、NRIが長年培ってきた自然言語処理技術(テキストマイニング、セマンティック、全文検索など)を使ったテキスト解析ソリューションTRUE TELLER(トゥルー・テラー)に、AIを使った対話技術を取り入れて開発した。

 コールセンターを含めた窓口業務では、従来の対面接客、電話、メールに加え、SNSやチャットなど新たな顧客との接点が増えてきている。また、提供する商品やサービスも多様化している。トレイナは、問い合わせに、的確でタイムリーに回答する高度な対応を可能とし、莫大なシステム開発費をかけずに、窓口業務を効率化することができる。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く