このページの本文へ

15.6型「dynabook T95/V」をベンチマークで計測

プリインソフトで簡単な写真、動画編集も! 東芝4Kノートの性能を知る

2016年06月22日 09時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook T95/V」

 東芝の15.6型ノートパソコンの2106年夏モデル「dynabook T95/V」は、4K解像度に対応するほか、製造ラインにおいてカラーキャリブレーションを実施しており、4Kカメラで撮影した写真や動画をそのままの解像度で閲覧することができる。また、写真の加工・編集ソフト「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」や、動画をドラッグ&ドロップなど直観的な操作で編集可能な「CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA」をプリインストールしているため、別途ソフトを買わなくても写真や動画の編集も可能だ。

「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」「CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA」

 前回は、dynabook T95/Vの外観や使い勝手について触れた。今回は、どの程度の性能を持っているかベンチマークを計測してみたので紹介しよう。

簡単な写真、動画編集なら快適にこなせる

 dynabook T95/Vの主なスペックは、Core i7-6700HQ(2.6GHz)、8GBメモリー、1TB ハイブリッドHDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。

 PCの総合的な実力を見る「PCMark8」の「Home accelerated」では、2800という結果だった。Officeソフトでの作業やウェブブラウジング、動画配信サイトでの映画鑑賞など基本的なことは問題なく快適にできるだろう。また、クリエイティブ系ソフトなどの快適さを計測する「Creative conventional 3.0」は、3688という結果だった。クリエイティブ系の仕事などでガッツリ編集する用途として使うのは厳しいかもしれないが、スライドショー作成や、動画をつなぎ合わせて映像を作成するなど、簡易的な編集であれば快適にこなせそうだ。

PCMark 8 Home acceleratedの結果
PCMark 8 Creative conventional 3.0の結果

 写真や動画を読み込んだり書き込んだりする際に重要なのが、ストレージの速度。ストレージ性能を計測する「CrystalDiskMark」のシーケンシャルリードでは、105.7/秒という結果だった。ハイブリッドHDDを採用しているので、HDDよりは早いが、SSDほどではない数値ではある。ただし、写真や動画を大量に保存しておきたい場合に1TBあるのはありがたい。

CrystalDiskMarkの結果

 3Dゲーム系の性能を計測する3DMarkでは、Sky Driverが3395、Cloud Gateが6140だった。ブラウザーゲームなどはプレーできるだろうが、PCオンラインゲームやSteamのゲームを快適にプレーするのは難しい。

Sky Driverの結果
Cloud Gateの結果
「ファイナル ファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルドベンチマーク」も計測してみた。1920×1080ドット、標準品質設定で2368(普通)という結果だった

思い出の写真や動画を超解像度で楽しみたい人にオススメ

思い出の写真や動画を超高解像度で楽しみたい人にオススメ

 例えば、家族でのイベントや子供の成長などを写真や動画を撮影して後から楽しみたい場合、思い出として残すのであればより綺麗に残しておきたい。dynabook T95/Vであれば、4Kで撮影した写真や動画をそのままのクオリティーで閲覧することができる。また、HDMI端子は4K出力に対応しているので、4Kディスプレーに接続すれば大画面でも楽しめる。

 また、プリインストールされているCyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBAやCyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBAを利用すれば、スライドショーを作成したり、簡易的な動画編集もこなせる。もちろんOfficeを使った作業なども快適にできる性能は持っているので、ゲームなど負荷が高い用途でなければメインマシンとしても使用できる。4Kの写真や動画を閲覧したり、ガッツリではないけど簡易的に編集して楽しみたいという人は、dynabook T95/Vを選択してみてはいかがだろうか。

試用機の主なスペック
機種名 dynabook T95/V
CPU Core i7-6700HQ(2.6GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 530
メモリー 8GB/16GB
ストレージ 1TB ハイブリッドHDD
ディスプレー 15.6型(3840×2160ドット)、Clear SuperView IPS液晶
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0)
内蔵ドライブ Blu-ray Discドライブ
インターフェース USB 3.0端子×4、HDMI出力端子(30Hz、4K対応)、ヘッドセット/ヘッドフォン端子、Ethernet端子、SDカードスロットなど
内蔵スピーカー harman/kardon ステレオスピーカー
ウェブカメラ 約92万画素ウェブカメラ
駆動時間 約3.5時間(JEITAバッテリ動作時間測定法Ver2.0)
サイズ/重量 およそ幅380.0×259.9×高さ24.5mm/重さは約2.4kg
OS Windows 10 Home(64bit)

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー