このページの本文へ

データをクラウドにおいて管理しやすいChromebookがビジネスにも学校教育にも

ASUS、約980g11.6型と約15時間駆動の13.3型のChromebookを発売

2016年06月10日 16時10分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ASUS Chromebook C300SA

 ASUS JAPANは6月10日、法人および教育機関向けのChromebook製品として、13.3型および11.6型の2製品を発表。6月10日より出荷する。

 OSにグーグルのChrome OSを採用。複数端末の一元管理を行なう「Google Apps for Work」や、教育現場での使用に最適な統合型オフィスアプリケーションの「Google Apps for Education」を用いることで、ビジネス現場や教育現場において利用しやすい。

 13.3型液晶の「ASUS Chromebook C300SA」は、CPUにCeleron N3060を採用、4GBメモリー、16GBストレージ(eMMC)などを装備。表示解像度1366×768ドット。約15時間の長時間駆動を実現し、本体サイズは幅329×奥行き230×高さ22mm、重量は約1.35kg。

ASUS Chromebook C201PA(C300SA/C201PAともに写真は英語キーボードだが、製品では日本語キーボードを搭載する) 

 11.5型液晶の「ASUS Chromebook C201PA」は、CPUにRockchip RK3288C(クアッドコア)を採用、4GBメモリー、16GBストレージ(eMMC)などを装備。表示解像度は1366×768ドット。本体サイズは幅287×奥行き194×高さ17.9mm、重量約980g。価格はいずれもオープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン