このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ReadyNASをオフィスでとことん活用する!実践使いこなし術第9回

OS内蔵のシンプルな自動バックアップツール、設定も簡単

Macの「Time Machine」でReadyNASにバックアップしてみる

2016年04月05日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載ではこれまで数回にわたり、バックアップソフトを使ってPC/サーバーのデータ(OSイメージ)をReadyNASに保存する方法を紹介してきた。今回はその締めくくりとして、Macをバックアップする方法について見ていきたい。

 なお、筆者が使用するのは今回も「ReadyNAS 716X」だが、そのほかのモデルのReadyNASでも設定や使用方法は同じだ。また、前回まではバックアップ専用の共有フォルダを作成していたが、今回は必要ない。

今回もReadyNAS 716xを使用する。3.5インチ×6ドライブ搭載のオフィス向けNAS

ReadyNASのTime Machine専用設定を使う

 Macでは、OS Xがシンプルなバックアップ/リカバリ機能「Time Machine」を内蔵している。バックアップスケジュールなどの細かな設定はできないが、定期バックアップが自動で実行され、ディスクが一杯になれば古いバックアップデータは自動削除してくれる。また、ドライブ全体のリカバリ(復元)だけでなく、ファイル単位でもリカバリできる。

Time Machineの設定画面は「システム環境設定」から起動する

 Time Machineのバックアップ先として利用できるのは、Mac本体に直接接続した外付けドライブ(USB HDDなど)のほか、Time Machineに対応したネットワーク上のサーバーだ。そしてReadyNASは、Time Machine対応機能を備えている。

 まずはReadyNASの管理者ページで設定を行う。Time Machineでは、バックアップデータをファイルサーバーに転送する際、Mac独自のファイル共有プロトコルである「AFP(Apple Filing Protocol)」を使う。そのため、ReadyNAS側もAFPによる通信に対応しなければならない。

 管理者ページで「システム」>「設定」を開くと、使用プロトコル(サービス)の一覧が表示される。ここでAFPのサービスが無効(グレー)になっている場合は、クリックして有効(グリーン)にする。

ReadyNASの管理ページで、Macのファイル共有プロトコルである「AFP」サービスを有効にする

 続いて、Time Machineでバックアップするユーザーや保存先などを設定しよう。

 管理者ページの「バックアップ」>「Time Machine」を開くと、2種類の設定方法がある。ユーザーごとに設定する「プライベートTime Machine」と、すべてのユーザーが使えるようにする「共有Time Machine」だ。通常はどちらか一方を使えばよいと思うが、両方を併用することもできる。

ReadyNASの「Time Machine」設定画面。2種類の設定方法がある

 プライベートTime Machineを設定する場合は「追加」ボタンをクリックし、ユーザー一覧から対象のユーザーを選択し、Time Machineの保存先として割り当てる容量を入力すればよい。このとき、指定する容量は保存するMacのドライブ容量よりも大きくなければならない。

プライベートTime Machineを設定。使用許可するユーザーを選択し、割り当て容量を入力する

 共有Time Machineで設定する場合は、Mac側のTime MachineでReadyNASに接続する際のユーザー名/パスワードを、すべてのユーザーが共有することになる。また、全ユーザーが共有する容量なので、ここで指定する容量は全ユーザーのMacのドライブ容量を合計したものより大きい必要がある。

共有Time Machineを設定。接続する際のユーザー名/パスワードは共通のものとなる

 以上でReadyNAS側の設定は完了だ。なお、いずれの設定の場合も、Time Machineはここで指定した容量がいっぱいになるまでバックアップデータを追加する(前述のとおり、一杯になれば古いデータから自動的に削除される)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事