このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ReadyNASをオフィスでとことん活用する!実践使いこなし術 ― 第8回

バックアップ専用フォルダの基本設定、二次バックアップなど

ReadyNASをバックアップデータ保存先にする際の注意点を考える

2016年02月25日 08時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載ではこれまで3回にわたって、バックアップソフトとReadyNASを利用したサーバー/PCのバックアップ手法を紹介してきた。大まかに言えば、いずれのソフトも多数のサーバー/PCを統合管理するための「管理サーバー」と、各バックアップ対象(バックアップ元マシン)にインストールする「エージェント」で構成されており、バックアップデータの保存先としてReadyNASを指定した。

一般的な統合バックアップシステムの構成。管理サーバーが、エージェントをインストールした複数台のマシンのバックアップを統合管理する

 こうした場合、バックアップ先となるReadyNASは、“基本的には”読み書きが可能な共有フォルダを用意するだけでOKだ。だが、バックアップデータはとても重要なものであり、保存期間も長期にわたるはずだ。知らないうちにデータ破損が発生し、いざというときに使い物にならなかった、リカバリできなかったということになれば目も当てられない。

 そこで今回は、ReadyNASをバックアップ先として使う場合に設定すべき項目、あるいは注意すべきことなどを考えてみたい。いずれも一般的な注意点なので、本連載でこれまで紹介したバックアップソフト以外を使うケースでも参考になるだろう。

バックアップデータの保存先となる共有フォルダの基本設定

 まずは、バックアップデータの保存先となる共有フォルダの設定方法をおさらいしておこう。

 バックアップデータの保存先フォルダは、それ専用のフォルダとして用意したほうがよいだろう。ユーザーが頻繁に読み書きする共有フォルダにバックアップデータが混在していると、誤操作でうっかりバックアップデータを削除してしまう原因になりかねない。

ReadyNASの共有フォルダ設定画面。バックアップデータの保存先には専用フォルダを作成するべきだ

 同じ理由から、バックアップデータの保存先フォルダへの書き込み権限は、特定のユーザーだけに限定したほうがよい。バックアップ処理専用のユーザーを作成し、そのユーザーだけに書き込み権限を与えるとわかりやすいだろう。

バックアップ専用ユーザー(ここではbackup-user)を作成し、このユーザーだけに読み書き権限を与える。バックアップソフトからログオンする際にはこのアカウントを使用する

 また、この共有フォルダでは、ReadyNASのデータ保護機能の1つである「Bit Rotプロテクション」を必ず有効にしておこう。HDD上の磁気記録は、長期間経過すると経年劣化で弱まり、読み出しエラーが生じる(Bit Rotと呼ぶ)ことがある。この機能は、それを自動的に検知/補修してくれるものだ。特に、バックアップデータは長期保存するケースも多いので、これは有効に機能するはずだ。

 また、バックアップソフト側でスケジュールバックアップ(定期バックアップ)を設定する場合は、自動スナップショット機能は不要だろう。むしろデータの管理が煩雑になるので、無効(Never)にしておけばよい。

バックアップ専用の共有フォルダを設定。「Bit Rotプロテクション」は有効に、自動スナップショットは無効に

 なお、バックアップソフトによって、バックアップ時に作成されるフォルダやファイルの構成は異なる。バックアップ対象の台数が多い場合には、この共有フォルダ内にさらにフォルダを作るなどして、バックアップデータの整理を心がけよう。対象マシンのバックアップデータがすぐ取り出せるようにしておかないと、リカバリ時にあわてることになる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事