このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ReadyNASをオフィスでとことん活用する!実践使いこなし術第10回

デスクトップ型「Readynas 516」と1Uラックマウント型「ReadyNAS 3138」が届いた日

ReadyNASの新しいテストマシンが届いたので観察してみる

2016年06月15日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しいテストマシンにモデルチェンジ、これで心機一転?

 今回は、本連載の裏話からスタートしたい。

 振り返れば2014年9月、ネットギアから「ReadyNAS」のテスト用マシン2機種が(不意に)送られてきたことから、このレビュー連載はスタートした。

第1回記事より。最初からふざけすぎです

 それ以来、筆者は法人向けデスクトップ型ReadyNASの最上位機種「ReadyNAS 716X」をテストマシンとして利用してきたのだが、ネットギアの担当者から「そろそろモデルチェンジしてみませんか?」と声がかかった。

 たしかに、法人向けのReadyNASにもさまざまな機種があり、ほかの機種を紹介するのもこの連載の役目だろう。心機一転、新しいテストマシンで記事を書くのは楽しいに違いない。ぜひぜひ喜んで、というわけで、筆者は新しいReadyNASが届くのを心待ちにしていたのだった。

さっそく「Readynas 516」の段ボールを開けてみると……

 数日後、新しいテストマシン2つの段ボールが届いた。デスクトップ型の「Readynas 516」と、ラックマウント型の「ReadyNAS 3138」が入っているそうだ。

新しいテストマシンが届いた。前回よりは若干コンパクトかもしれない段ボール箱2つ

 ウキウキした気分で、まずはReadyNAS 516の箱を開けてみると……。おいっ、お、同じやないかーっ!

これまで使っていたReadyNAS 716Xと、新しく届いたReadyNAS 516。撮影時に左右どっちがどっちだったかは忘れました

 いや、もちろん中身は「同じ」ではないのだが、ReadyNAS 516とReadyNAS 716Xの外見やサイズはまったく同じ。ドライブベイの数も同じ、6つである。

どこかに違いがあるかもしれない……と期待しながらフロントドアを開けてみる。はい、同じでした

 しつこく眺め回してみたところ、外観上、唯一の違いは背面にあった。ReadyNAS 716Xでは、1000BASE-T(1ギガEthernet)ポート×2に加えて10GBASE-T(10ギガEthernet)ポート×2も標準搭載している。一方、ReadyNAS 516では10Gbps Ethernetポートを標準搭載していない。

ReadyNAS 516(右)は10Gbps Ethernetポートを標準搭載していない(右下部分に注目)

 そもそも、ReadyNAS 716Xは中堅企業向け(同時接続数最大250を想定)、ReadyNAS 516はより小さなオフィス向け(同時接続数最大50を想定)のモデルだ。当然、価格はReadyNAS 516のほうがかなりお安い(ディスクレスモデルの場合、716Xの標準税込価格は42万7680円、516は25万9200円)。

 2機種を比較すると、前述したとおり10ギガEthernetへの対応有無が違うほか、搭載するCPUやメモリ容量も異なる。同時接続数に応じてキャパシティ設計がなされているわけだ。

ReadyNAS 516(デスクトップ型)
価格(税込) 25万9200円
(HDD別売モデル)
HDDスロット数 6(ホットスワップ対応)
最大物理容量 36TB
(EDA500拡張ユニット接続で126TB)
CPU デュアルコア Ivy Bridge Core i3-3220 3.3GHz
メモリ 4GB ECC
冷却ファン 120mm
寸法 D288 x W192 x H259(mm)
本体重量 7.97kg
消費電力(動作時) 88W
USBポート USB 2.0×1、USB 3.0×2
ネットワーク
インタフェース
1GbE×2

 とはいえ、どちらの機種も同じファームウェア(ReadyNAS OS)で動作する。iSCSI接続など、使える機能やプロトコルも同じだ。ReadyNAS 516でも、ReadyNASの特徴である「5段階のデータ保護機能」がもちろん使え、5年間の本体保証も付属する。VMware仮想化環境のストレージとして安心して使える「VMware Ready」認定も取得している。

共通する基本機能
RAIDモード JBOD、RAID 0/1/5/6/10、X-RAID2
ファイル転送
プロトコル
CIFS/SMB(Windows)
AFP3.3(Mac OS X)
NFSv3 (Linux/UNIX など)
HTTP/HTTPS/FTP/FTPS/Rsync/WebDAV
Active Directory/SSL
クライアントOS Microsoft Windows Vista/7/8/8.1/10(各32/64bit)、Windows Server 2008 R2/2012、Mac OS X、Linux/UNIX、Solaris、Apple iOS、Google Android
iSCSI SAN
本体保証期間 5年間(付属HDD含む)
有償サポート オンサイト(4時間/翌日)、代替品クイックデリバリー(2時間/翌日)
HDD返却不要サービス

 ……というわけで、正直あまり“心機一転”という気分にはならかったが、これまでのノウハウがそのまま使えると考えて問題なしとしよう。続いて、もう1つのReadyNAS 3138の段ボール箱も開けてみる。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事