このページの本文へ

ナベコの取材日記第6回

検証:料理の盛り付けが「高さ」で良くなるか試してみた

2016年01月20日 23時45分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう、ナベコでございます。

 みなさん、今宵も飲んでいますか? 私はですね、晩酌のつまみにとコンビニの惣菜を調達してきました。知ってます? 1月20日は“玉の輿の日”なんですよ。夢のセレブに近づけるチャンスの日だったのに……。そんな夜だから、今宵の晩酌はちょっとグレードをあげようかと発売したての新商品をねらって買ってきました。

 あらいやだ、涙なんて出てこないわ。

ローソンで発売したての「鶏から 柚子こしょう」と「ウィンナーとポテトのチーズソースかけ」を調達してきたので、ワインのおともにいただきます。

 あらいやだ、涙なんて出てこないわ。

ヒラメキ! コンビニ惣菜を皿に盛りつけってセレブだわ

 ところで、はたと思いつきました。

 「これ、ひょっとしてお皿に移したりするとセレブの食事に近づくのでは」

 家の皿に移し替えるだけで、コンビニ惣菜の雰囲気もグレードが上がる。そんなことに気が付いた私は天才です。

 

皿とワインを用意。ワインはローソンで売っていた「カーサ・スベルカソー メルロー」です。

 さっそく皿に惣菜を移してみましょう!

 せいや!

グチャ……

 あらいやだ。なんだかぐちゃっとしてないかしら。これでは家で炒め物をつくってフライパンから豪快に移した感じ。家庭的っぽいですが、セレブふうのオシャレな食卓とかけ離れています。

 そこで調べました。オシャレにみえる盛り付け方ってどうなの?

盛り付けのポイントは“高さ”だとか

 いろいろ調べてみたところ、「高さを付けて盛る」という方法がよろしいようです。ようするに具材を重ねるように盛り付けるという感じですね。

 「皿の白い部分をみせる」というのも出てきました。なるほど、惣菜をひらたく盛るのではなく、重ねて高さをつけることで皿の上で余白も生まれます。

 ほんとにオシャレにみえるかやってみました。

高さを付けて盛り付けてみた

・唐揚げ

ビフォー

↓↓↓

アフター
アフター

・ウィンナー

 

ビフォー

↓↓↓

アフター
アフター

 なんということでしょう。ただ、高さを付けて盛り付けただけで、確かになんとなくオシャレになっている気がします。高さ、スゴイ。高等テクニックですね!

 

野菜もちょっと添えてみる

 これだけでも十分オシャレにみえる気がしますが、一緒に買ってきたローソンの「人参ミックスサラダ」を添えることにしましょう。オシャレに盛り付けするコツは、彩も大事ですが、過ぎたるは及ばざるがごとし。少しずつ盛り付けるのがポイントだそうです。

 

ローソンの「人参ミックスサラダ」
ポイントは少しずつ、思わせぶりに

 そして最高にオシャレでセレブの食卓ふうになったお惣菜は以下。じゃじゃーん。

 すっかりセレブの食卓ふうですね。記者ナベコも満足です。みなさんも盛り付けに高さ、意識してみてください。

セレブにキリンを飼っている気分で晩酌。

 なお今日の晩酌では特に「鶏から 柚子こしょう」がおいしかったです。柚子こしょうのピリリとした風味が大人向けでワインがすすみますよ。

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧