このページの本文へ

ブレーキで光る自転車テールライト「Aero-X」が便利そう

2016年01月16日 09時00分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GUEEの自転車用テールライト「Aero-X」は、本体にモーションセンサーを内蔵し、ブレーキをかけた際の減速を感知して8秒間輝度60ルーメンで点灯、背後に減速を知らせる優れモノ。取り扱いはアキコーポレーションで、価格は3996円前後。

 本体はIPX5防水のUSB充電式で、点灯時間は5時間(スタンダード)、10時間(ランダムおよびフラッシュ)、15時間(ストロボ)。充電時間は2時間10分。また、マウント部が可動式のウイング形状のため、丸型のほかエアロ形状のシートポストにも装着できるのも魅力。

 「Aero-X」はショップによって1から3月末に入荷予定となっています。先日シートポストがエアロ形状のロードバイクが納車された筆者は、もちろん予約済み。深夜や悪天候時の走行では、テールライト代わりの反射板はクルマからの視認性が低く少々危険。点灯式のテールライトを装着してもらい事故の危険性を減らしましょう。

「Aero-X」の主なスペック
メーカー GUEE
点灯時間 5時間(スタンダード)
10時間(ランダム)
10時間(フラッシュ)
15時間(ストロボ)
充電時間 2時間10分
マウントサイズ 27.2~35mm(丸型)
エアロ形状(外径14cm以下)
サイズ 25(W)×34.8(D)×71(H)mm
重量 30g

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社