このページの本文へ

最高の音を自宅で手頃に楽しめる

IIJ、世界初ハイレゾ音源の生配信に参入「PrimeSeat」

2015年12月21日 13時45分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PrimeSeat

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は12月21日、音楽配信事業に参入し、世界初となるハイレゾ音源のライブストリーミング配信「PrimeSeat」を発表。12月23日より開始する。

 IIJでは、より良い音を広域で配信することを追求し、2015年4月には東京・春・音楽祭およびベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の協力を得て、各演奏会をDSD5.6MHzフォーマットでライブ配信する公開実験に成功。これらのノウハウを活かし、ハイレゾ音源によるライブ・ストリーミングサービスへの展開となった。

 個人ユーザーに対しては、H2Aロケットの打ち上げからオーケストラ演奏までさまざまなコンテンツをインターネットラジオで配信。クラシック専門インターネットラジオ局OTTAVA社との共同制作による小編成のサロン・コンサートの配信を1月に配信予定。

 法人ユーザーに関しても、配信サービスをプラットフォームとして利用することで、海外で開催されるコンサートを世界中に配信することが可能という。

推奨環境(動作が確認されたDACは順次更新・追加してゆく

 利用にあたっては、試聴用ソフトウェア「PrimeSeat」(WindowsおよびMac用、いずれも無料)をインストールする。また、適切なDACの使用が推奨されている。コンテンツ視聴料は12月21日の段階で掲載されているものはすべて無料で、コンテンツ拡充にともない有料コンテンツも提供してゆく。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】格安SIM&スマホを徹底解説

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART