このページの本文へ

堅実な作りがうれしい! Acer「Liquid Z330」は1万円台前半とは思えないSIMフリー機

2015年12月16日 15時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ここに来て、LTE対応なのに1万円台で購入できるエントリークラスのSIMフリースマホがいくつか登場している。Acer「Liquid Z330」もそんな1台。国内では楽天モバイル限定で、購入時に契約が必須のセット販売モデルながら、価格はなんと1万2960円(データSIMとの組み合わせも可)。果たしてどんな端末なのか、写真を中心に見ていこう。

楽天モバイル限定で1万2960円で販売されているLTE対応のSIMフリースマホ「Liquid Z330」をチェック!

4.5型FWVGA液晶、1GBメモリー、8GBストレージと
エントリークラスのスマホでは標準的なスペック

 まず主なスペックをチェックすると、4.5型FWVGA液晶(480×854ドット)、クアッドコアのSnapdragon 210(MSM8909) 1.1GHz、1GBメモリー、8GBストレージ(microSD対応)、500万画素カメラ(イン500万画素)、2000mAhバッテリー、Android 5.1など。ネットワークでは、前述のようにLTEに対応し、バンド1/3/19/28をサポートとドコモMVNOで利用するにはまったく問題ない。

ホワイトとブラックの2色だが、前面はともに黒。背面下部には大きなスピーカーが付いている
バッテリーは2000mAhで、交換が可能。SIMはmicroSIM×1だインカメラは500万画素となかなか高性能
ボリュームキーは右側面で、電源キーは上部。下部にはmicroUSB端子が。厚さは9.6mmなので薄型というわけではないが、手頃な感じだ

 ちなみに1万円台前半のLTE対応SIMフリースマホとして、先週にFREETELの「priori3 LTE」を紹介しているが(関連記事)、それと比較するとディスプレーやメモリー、ストレージでは共通している。カメラはpriori3 LTEは800万画素/200万画素なので、リアカメラは下で、インカメラでは上となる。

1.1GHz動作でCortex-A7コア×4のSnapdragon 210だけに絶対的な性能は決して高くはない。AnTuTu Benchmark v6.0での結果は右画面のとおり。MediaTek製CPUのpriori3 LTEよりは少し上回った

性能が高いとは言いがたいが
価格以上に堅実な作りで比較的安心して使える1台

 スマホメーカーとしてはまだ国内参入から間もないが、パソコンメーカーとしては日本でもおなじみのAcerだけに、ハードウェアの仕上がりは堅実。高級感があるとはさすがに言いがたいものの、ヘアライン風塗装が加えられた背面パネルを含め、実用機としては不満がないデザインであるのと同時に、使っていて不安を感じさせるような部分がないのも気持ちがいい。ディスプレーの品質やコーティングもなかなかよく、安っぽさは感じない。さらにバッテリー残量のパーセント表示もほぼ正確だった。

タッチパネルは2点までだが、指がかなり近くても2点で認識するなど、普通に使っていて追従性の悪さなどは感じなかった

 実際の使用感についても同様だ。さすがにアプリによっては起動するまで多少の間があったり、スクロール操作の始めに若干もたつきが生じることもあるが、それはスペック的に仕方がない部分。逆にタッチパネルの追従性には問題を感じず、フリック入力で文字を取りこぼすことはほぼなかった。これは正直タッチパネルにやや難有りだった、priori3 LTEとの差を感じる部分だ。

左が「priori3 LTE」で、右が「Liquid Z330」。ともに4.5型液晶機なのでサイズ感はほぼ同じ。ただしメインのキーが前者は単独のタッチ型なのに対し、後者はディスプレー表示型だ
ホームUIは素のAndroidに近いもの。楽天関連のアプリが多数インストールされている
Bluetoothテザリングも可能。そのほかミニアプリなども

 少し気になったのがストレージの空き。楽天モバイル専売モデルとはいえ、プリインストールアプリが多く、8GBストレージモデルとしても初期状態での空き容量がかなり小さい。microSDの追加も可能だが、すべてを逃がせるわけではないので(アプリのmicroSDへの移動は対応している)、使っていくうちに苦労する場面はあるかもしれない。

出荷状態での空き容量の少なさはやや気になる点。アプリのSDカードへの移動には対応しているようだ

 Liquid Z330の購入には楽天モバイルとの契約が必要なため、価格帯は同じでも、端末単体で入手可能なpriori3 LTEとの直接比較は適切ではない部分もある。ただ、堅実で不満がない作りは印象的で、現在の販売価格を上回る価値を確実に感じる。より幅広い形で入手できるようになることをついつい期待したくなる1台だ。

Acer「Liquid Z330」の主なスペック
ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ 約66.5×136×9.6mm
重量 約142g
CPU Snapdragon 210(MSM8909)
1.1GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 5.1
対応周波数 FD-LTE:バンド1/3/19/28
W-CDMA:バンド1/6/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:500万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 2000mAh
SIM形状 microSIM
カラバリ ブラック、ホワイト

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART