このページの本文へ

世界最大規模のハロウィンイベントを目指すと宣言

渋谷のハロウィンを盛り上げる、Lenovo Presents シブハロ 2015開始

2015年10月31日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Lenovo Presents シブハロ 2015」Supported by パルコ、ドン・キホーテ、タワーレコードが、10月31日に渋谷で開幕した。主催はシブハロ実行委員会。

熊切あさ美さんと、どぶろっくのお二人。

 昨年に引き続き、渋谷を舞台にハロウィンを盛り上げる。渋谷パルコ PART-1をメイン会場とし、ドン・キホーテ渋谷店、タワーレコード渋谷店のほか、Vision、Camelot、atomなど渋谷にあるクラブやDJ BAR約30店舗と連動し、世界最大規模のハロウィンイベントを目指すという。

未来風のコスプレで登場した熊切さん

 午前に開催されたオープニングイベントには、どぶろっく、熊切あさ美さんなどが出演。人気ショップriendaの店員(rienda girls)や、美形の男子のような中性的なビジュアルのイケメン女子・ルウトさんなどが仮装して登壇し、場を盛り上げた。

 会場からはミイラ隊も出発。10月31日中、渋谷を練り歩く。

 浅井企画のファッションリーダーこと、むっつりスケベの森さんと、がっつりスケベの江口さん。審査員という立場で参加した二人はハロウィンの妄想として「美女に拉致されて、あれを着ろ、これを着ろと指図されるのに興奮する」(江口さん)、「僕らの妄想を形にしたものがあふれている」(森さん)などとコメントした。

 また、「ルウトさんとデートするなら?」という質問に、「温泉」と答え、男性なのか女性なのか分からず、周りをハラハラさせるのがたまらないという趣旨の発言で笑わせたり、ミイラ隊を見て「お手洗いとかどうするんですかね」といらぬ気づかいを見せたりもした。

ミイラ隊の出発式
熱唱するシーンも

 メイン会場前ではDJ Tibby a.k.a. IMALUさんやDJ HASEBEさんなどが登場するトークショーやDJイベントなども予定されている。

 合計3ヵ所のミーティングポイントでは「ハロウィン フォトコーナー」を設置。撮影した写真にハッシュタグ「#lenovo_shbuhalo」を付けて投稿すると、フォトプリントとタトゥーシールがもらえる。このタトゥーシートを付けていると、提携するクラブへの入場料金が無料となる。

 なお、本日まで渋谷の人気ショップとのコラボも実施。rienda 渋谷109店、Manhattan Portage 渋谷でYOGA Tablet 2が当たる購入者向けキャンペーンなども実施中だ。また、昨年に引き続き、翌朝には渋谷の清掃活動も実施する予定だ。

マーケティング統括本部の松本達彦氏。衣装は自分で選んだとのこと。

 若者に対するブランドのアピールをここ数年、積極的に続けているレノボだが、マーケティング統括本部の松本達彦氏によると、その中でもシブハロは「昨年感じるところがあって、1年がかりで準備したもの」だという。パソコンを通じて、ハロウィンを盛り上げる手助けができればいいと考えているとのこと。また、YOGA Tab 3 Proの使い勝手のいい回転式プロジェクターなど、同社ならではの訴求も考えていきたいとのことだ。Windows 10についても、店頭施策などを通じてマイクロソフトと歩調を一にしていきたいという。

製品をプレゼントし、機能や特徴などについても解説。

 一連のイベントを通じて、社内調査ではレノボのブランド認知度が約6割向上したとしており、首都圏を通じて認知が進んでいるという。取り組みにも手ごたえを感じているようだ。

 

カテゴリートップへ