このページの本文へ

40Gbpsを達成!拠点のCPEを集約したクラウドWANサービスへ

レッドハット、デル、インテル、ブロケードの4社でNFV検証実験

2015年10月21日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月20日、レッドハット、デル、インテル、ブロケード コミュニケーションズ システムズの4社はOpenStackを使用した通信・サービス事業者向けのクラウド型NFVソリューションの共同実証実験を実施したことを発表した。

 これはユーザー拠点側に設置されるCPEを通信事業者のデータセンターに集約し、サービスとして提供するというクラウドWANサービスに向けた取り組みの一環。ブロケード社内に設置されている「NEW IPラボ」 において2015年7月に行なわれたこの共同実証実験は、デルのDell PowerEdge R630サーバー1台に、OpenStackを構成するレッドハットのRed Hat Enterprise Linux Open Stack Platform 7、ブロケードのBrocade 5600 vRouter仮想ルーター、およびインテルのデータプレーン開発キット(DPDK)などの製品技術を組み込んだ環境で行なわれた。サーバー1台の上に40インスタンスのvCPEを稼働させた検証実験では、40Gbpsの性能を達成したことが確認されたという。

クラウド型vCPEのソリューション

 レッドハット、デル、インテル、ブロケードの4社は、オープン標準を利用した柔軟なクラウド環境を推進すべくデルが設立したコンソーシアム「Open Standard Cloud Association (略称:OSCA)を通じて検証を実施。2016年頃の商用展開を目指して、4社間で今後の協力関係や共通のチャネル構築について、協議を進めていく意向だという。

カテゴリートップへ

ピックアップ