このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 ― 第47回

ただし端末販売数ではアップル強し!

日本でもAndroidがシェアトップ!? 新型iPhoneでiOSは巻き返すか?

2015年09月07日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

際立つアップルの人気

 続いて、日本国内のスマートフォン出荷台数、スマートフォンのベンダー別シェアを見ていこう。

 電子情報技術産業協会JEITAによると、2015年6月の移動電話国内出荷台数は263万台で、前年同月比115.7%だった。そのうちスマートフォンは175万3000台で同比156%。スマートフォンの比率は全体の66.7%となっている。なお、2014年度の移動電話国内出荷台数は2192万3000台であり、前年から減少傾向にある。

 次に、BCNランキングによると、2015年1月発表のスマートフォンのメーカー別ランキングは以下の通りだ。

1位 アップル(55.8%)
2位 ソニーモバイルコミュニケーションズ(12.7%)
3位 シャープ(10.8%)

 順位は前年度と変わらないが、アップルが前年の43.9%から8%近く伸ばした一方で、ソニーモバイルコミュニケーションズが17.7%から5%も下げている。やはりベンダー別ではアップルの人気の高さが目立つ。

日本でもAndroidがトップに躍進!

 世界におけるスマートフォン用OSのシェアはどうなっているのだろうか。市場調査会社Kantar Worldpanelの、2015年第1四半期におけるスマートフォンの市場シェアを見てみよう。

 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインというヨーロッパ主要5ヵ国では、スマートフォンの販売データにおいてiOSが20.3%を占め、前年同期比で1.8%増加している。

 これは、Android所有者がiPhone 6や6 plusに乗り換えたためと考えられる。イギリスにおける新規iPhoneユーザーの25.6%はAndroidからの乗り換えだ。ただし、シェアの多勢を占めるのはやはりAndroidとなる。

 なお、主要国の2015年7月時点での主要国のスマートフォン用OSのシェアは次のようになる。

スマートフォン用OSシェア(2015年7月)
Android iOS Windows Blackberry
フランス 69.6% 17.0% 12.6% 0.3%
ドイツ 73.7% 15.2% 10.1% 0.7%
米国 65.6% 30.1% 3.8% 0.4%
ロシア 76.6% 10.1% 11.9% 0.3%
中国 79.1% 19.1% 1.5% 0.0%
日本 62.9% 35.1% 0.1% 0.9%

(Kantar Worldpanel調べ)


 なんと、日本も含む調査対象となったすべての国で、Androidがシェアトップに躍り出ているのだ。これまで日本においては一貫してiOSがトップを独走してきたが、2013年7月に初めてAndroidが逆転。それ以来、iOSとAndroidはシェアのトップ争いを続けており、Androidが上回ることも増えているのだ。

日本のスマートフォン用OSシェア
Android iOS Windows Blackberry Other
2015年7月 62.9% 35.1% 0.1% 0.9% 0.9%
2015年1月 45.4% 52.4% 0.2% 0.7% 1.3%
2014年7月 69.3% 28.8% 1.1% 0% 0.8%
2014年1月 39.6% 59.7% 0% 0% 0.7%
2013年7月 50% 49.1% 0.2% 0% 0.8%
2013年1月 41.9% 56% 0.6% 0.4% 1.1%

(Kantar Worldpanel調べ)


 世界ではAndroidが多勢を占め、とうとう日本でもAndroidがトップとなった。しかし、新しいiPhoneが出る度iOSは急激にシェアを伸ばすことが知られており、この勢力図がどう塗り変わるのかが気になるところだ。日本においても、Appleはどれだけシェアを取り戻すことができるのかに注目が集まる。

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎エデュケーション新書)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ