このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第144回

開けるだけで指を切らない構造

怪我しない! 開けると刃先が丸くなるスゴイ缶詰「チュナ缶」はこうしてできた

2015年06月13日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事は『ダジャレの裏で日本にしかない技術あり、コルグ「チュナ缶」のこだわりとは』の続きです。前回と合わせてご覧ください。

 チューナーを缶に入れて「チュナ缶」。この一見バカバカしいダジャレ商品に、実はすごい技術が使われていたのだ。というびっくり仰天のインタビュー、第二弾。

※前回までのあらすじ チュナ缶を作るにあたって、コルグは入れ物として使える缶を探していた。ツナ缶のダジャレである限り、プルトップ缶以外は話にならない。しかし大手製缶メーカーには「ワンロットの数が少なすぎる」と相手にしてもらえない。困ったあげく、最後に行き当たったのが大田区の谷啓製作所だった。この小さな町工場は、開けたフタや缶で手を切らない「ダブルセーフティープルトップ缶」の発明で世界的に知られていたのだった。

コルグのチュナ缶は現在のところ6月末に販売開始とアナウンスされている

 ツナ缶のような「フルオープンエンド」缶は、缶切りがいらず、プルリングを引っ張るだけで開けられるし、開けるときのパキュッという音も気持ちいい。でも、うっかりするとフタや缶の切り口で指を怪我をしやすい。だから訴訟社会のアメリカではPL(Product Liability=製造物責任)法で、缶を売ったメーカーが訴えられるケースも後を絶たなかった。

 谷内社長がダブルセーフティープルトップ缶の開発に着手したのは昭和58年(1983年)。1970年代から、各国の大学や研究所で安全な缶が研究されてきたというが、谷内社長はコンピューターも使わず、金属の性質を知り尽くした長年のカンのみで、世界で最初にこの問題を解決した。

 この谷啓製作所の缶なら安全性も高く、ミュージシャンが使うチューナーの入れ物としてもいい。こうしてダジャレに全力で取り組むコルグも変な会社だが、谷啓製作所もその上を行くユニークな会社だった。今回は谷啓製作所のお二方に、ダブルセーフティープルトップ缶が生まれる経緯から、その缶を使ったある独自製品の開発までをうかがった。

引き続き谷啓製作所の谷内 啓二さん(左)、渡辺 晃さん(右)を中心に話を聞いていく

(次ページでは、「缶はどう発想して作られたのか

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART