このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 ― 第41回

日本ではLINE:Facebookメッセンジャー=7:2

日本人の40%がLINEを常用しているが世界はWhatsAppとFacebook二強

2015年06月15日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>

日本人の40%がLINEを常用!?

 日本ではますますLINEの利用率が伸びている。最早若年齢層においてはメール、メールアドレスに変わるインフラと化しているのだ。

 LINE発表によると、2014年7月31日時点でのLINEの世界でのユーザー数は4.9億人を突破。国内利用者数は5200万人以上であり、そのうち毎日利用するユーザーは約3400万人、つまりアクティブ率は何と66.6%。これは日本の人口における40.9%に当たる。

 日本ではLINE一強のように思えるが、世界においてはどうなのだろうか。メッセージアプリの日本と世界における利用率、サービスごとのシェアなどを見ていこう。

国内はFacebookメッセンジャーが伸びるもLINE圧勝

 まず、日本におけるメッセージアプリシェアを見てみよう。ニールセン発表のニールセンが独自に分類する「コミュニケーション」カテゴリの最新利用動向(2015年3月)によると、2015年2月の国内におけるスマートフォンからの「コミュニケーション」カテゴリ全体での利用者数は4465万人。これはスマートフォン利用者の95%になる。

 サービスごとの利用者数を見ると、LINEは2014年2月から2015年2月で、2682万人から3413万人に増加。Facebookメッセンジャーは309万人から約3倍の883万人に増加している。Facebookメッセンジャーの伸びが目立つが、LINE:Facebookメッセンジャー=7:2と前回とあまり比率は変わっていない

世界はWhatsApp VS Facebookメッセンジャーの争い

 世界のメッセージアプリランキングはどのようになっているのだろうか。ドイツの統計調査会社Statista調べによると、2015年3月時点でのメッセンジャーアプリにおけるアクティブユーザー数ランキングは以下の通りだ。

 WhatsAppが頭一つ飛び抜けており、それをFacebookメッセンジャー、QQモバイル、Wechatが追っている。ただし、QQモバイルとWechatはどちらも中国テンセントのものであり、利用のほとんどは中国から。実質、世界中で広く利用されているのはWhatsAppとFacebookメッセンジャーの2つと考えていいだろう。

アクティブユーザー数ランキング(2015年3月時点)
アクティブユーザー数ランキング(2015年3月時点)
サービス名 ユーザー数
WhatsApp 7億
FacebookMessenger 6億
QQモバイル 5億7600万
Wechat 5億
Skype 3億
Viber 2億3600万
kik 2億
LINE 1億8100万
BlackberryMessenger 9100万
カカオトーク 4800万

Statista調べ

 WhatsAppは米国のメッセージアプリで、2014年にFacebookにより買収されている。1年目は無料だが、2年目以降年間99セントの利用料がかかるようになる。

 なお、Facebookメッセンジャー自体も2011年に買収したメッセージアプリ「Beluga」を元にして登場したものだ。Facebookはメッセージアプリの時代がきていることに注目、買収を繰り返しているが、WhatsAppはすでにブランドを確立しているためFacebookとは独立して運営されている。

 QQモバイル(モバイルQQ)は、前述通り中国のテンセントによるメッセージアプリ。日本でもKDDIと提携している。Wechatは中国のテンセントによるメッセージアプリで、QQモバイルの発展型としてメッセンジャー機能とSNS機能が融合したサービスだ。

 Viberは2014年に楽天により買収されたことで知られている。Kikはカナダ発のメッセージアプリであり、米国等で10代の若者を中心に人気が高い。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ