このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows 10対策も!

東芝の3波&W録チューナー搭載PC2015年夏モデルはハイレゾスピーカー内蔵! 

2015年05月19日 12時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook D81/S」

 東芝は5月19日、3波(地上・BS・CS)対応のTVチューナーを搭載し、W録画が可能な21.5型オールインワンデスクトップの2015年夏モデル「dynabook D81/S」「dynabook D71/R」「dynabook D51/R」を発表した。5月22日より順次販売開始予定。

「dynabook D81/S」は、ハイレゾ対応スピーカー内蔵、Windows 10対策も

 dynabook D81/Sは、ハイレゾに対応するオンキヨー製のステレオスピーカーを内蔵。ハイレゾ音源に対応した「TruLINK+」も標準搭載し、ハイレゾ音源を配信するe-onkyo musicと連携により、楽曲の購入やジャケット写真のダウンロードをサポートする。dynabook D71/R、dynabook D51/Rはハイレゾは非対応だが、オンキヨー製のステレオスピーカーを採用している。

 また、Windows 10にアップデートする際にデータをバックアップするWindows 10対応の「バックアップナビ」を採用。アップグレード後にWindows 10の基本操作が学べる「動画で学ぶWindows10」を用意するほか、dynabook.comでもサポート情報を随時公開する予定だ。

3波対応のTVチューナー内蔵、W録画も可能!

 3機種とも、3波対応(地上・BS・CS)のTVチューナーを内蔵し、W録画も可能だ。dynabook D81/Sは、OSを立ち上げることなくリモコンの「TV電源ボタン」を押せば番組を見ることができる「今すぐTV」にも対応している。

 dynabook D81/Sの主なスペックは、Core i7-4710MQ(2.5GHz)、8GBメモリー、3TB HDDという構成だ。ディスプレーはIPSパネルでタッチ対応の21.5型で、解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Diskドライブを内蔵する。OSはWindows 8.1 Update(64bit)を採用する。

 通信規格は、有線LAN(1000BASE-T)、有線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応する。インターフェースはUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、マイク入力/オーディオ入力端子×1、HDMI入力端子×1、HDMI出力端子×1、アンテナ入力(同梱コネクター)端子×1など。およそ92万画素のウェブカメラを内蔵する。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスや、Adobe Photoshop Elements12をプリインストールしている。価格は25万円台前半。

「dynabook D71/R」

 dynabook D71/Rは、Core i7-4710MQ(2.5GHz)、8GBメモリー、2TB HDDという構成だ。ディスプレーはIPSの21.5型で、解像度は1920×1080ドット。Blu-ray Diskドライブを内蔵する。OSはWindows 8.1 Update(64bit)を採用している。

 通信規格は通信規格は、有線LAN(1000BASE-T)、有線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応する。インターフェースはUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、マイク入力/オーディオ入力端子×1、HDMI入力端子×1、アンテナ入力(同梱コネクター)端子×1など。およそ92万画素のウェブカメラを内蔵する。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスや、Adobe Photoshop Elements12をプリインストールしている。価格は23万円台前半。

「dynabook D51/R」

 dynabook D51/Rは、Celeron 2950M(2.0GHz)、4GBメモリー、1TB HDDという構成だ。ディスプレーはIPSの21.5型で、解像度は1920×1080ドット。DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。OSはWindows 8.1 Update(64bit)を採用している。

 通信規格は通信規格は、有線LAN(1000BASE-T)、有線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応する。インターフェースはUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、マイク入力/オーディオ入力端子×1、HDMI入力端子×1、アンテナ入力(同梱コネクター)端子×1など。およそ92万画素のウェブカメラを内蔵する。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスをプリインストールする。価格は17万円台後半。

東芝2015年夏モデルの21.5型オールインワンパソコンのスペック表
機種名 dynabook D81/S dynabook D71/R dynabook D51/R
CPU Core i7-4710MQ(2.5GHz) Celeron 2950M(2.0GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4600 インテル HD グラフィックス
メモリー 8GB 4GB
ストレージ 3TB 2TB 1TB
ディスプレー 21.5型(1920×1080ドット)、IPS、タッチ対応 21.5型(1920×1080ドット)、IPS
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
光学式ドライブ Blu-ray Diskドライブ DVDスーパーマルチドライブ
内蔵スピーカー オンキヨー製ステレオスピーカー、ハイレゾ対応 オンキヨー製ステレオスピーカー
インターフェース USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、マイク入力/オーディオ入力端子×1、HDMI入力端子×1、HDMI出力端子×1、アンテナ入力(同梱コネクター)端子×1 USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、マイク入力/オーディオ入力端子×1、HDMI入力端子×1、アンテナ入力(同梱コネクター)端子×1
TVチューナー 3波(地上/BS/CS)対応TVチューナー×2
内蔵カメラ 92万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅516×奥行240×高さ330mm/およそ7.0kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)

(次ページ「キーボードが収納可能な省スペース設計の一体型パソコン「dynabook D41/R」」へ続く)

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー