このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

11.6型モバイルノートパソコンも発表

東芝2015年夏モデルの4Kノートはよりスタイリッシュに、ハイレゾにも対応

2015年05月19日 12時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook T95/R」

 東芝は5月19日、2015年夏モデルで4K解像度に対応する15.6型ノートパソコン「dynabook T95/R」を発表した。5月22日より順次販売開始予定。

4K解像度でスタイリッシュな15.6型ノート

 dynabook T95/Rは、従来モデルと比較してデザインを一新。4K解像度に対応しながら厚さおよそ24.5mmで、かつ底面を追い込むことで同じ厚さでも薄く見えるデザインを採用。よりスタイリッシュな外観を実現したとしている。キーボードとパームレスト部分は、段差をなくしてよりシンプルになっているほか、キーボード部分は手前のステップを取り除き、機能美を追求したという。

底面を追い込むことで同じ厚さでも薄く見えるデザインを採用
キーボード部は段差をなくしよりシンプルに

ハイレゾ対応プレーヤーを標準搭載、Windows 10対策も

 音の良さを視覚的に認識できるよう、キーボード上部にharman/kardon製のスピーカーを内蔵する。ハイレゾ音源に対応した「TruLINK+」を標準搭載し、ハイレゾ対応ヘッドフォンを使用すればハイレゾ音源が楽しめる。ハイレゾ音源を配信するe-onkyo musicと連携し、楽曲の購入やジャケット写真のダウンロードをサポートする。

 また、Windows10にアップデートする際にデータをバックアップするWindows 10対応の「バックアップナビ」を採用。アップグレード後にWindows 10の基本操作が学べる「動画で学ぶWindows10」を用意するほか、dynabook.comでもサポート情報を随時公開する予定だ。

REGZAサーバーで録画した番組を高画質のまま視聴できる「SeeQVault」

 そのほか、東芝、パナソニック、ソニー、サムスンが開発した「SeeQVault」に対応。SeeQVault対応のREGZAサーバーで録画した番組のデータを、SeeQVault対応の「CANVIO」やSDメモリーカードに移動すればパソコンでもハイビジョンのまま視聴できるほか、強固なセキュリティーも実現するという。

 dynabook T95/Rの主なスペックは、Core i7-4720HQ(2.6GHz)、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。ディスプレーはタッチ対応の15.6型で、解像度は3840×2160ドット。Blu-ray Diskドライブを内蔵する。OSはWindows 8.1(64bit)を採用する。

 インターフェースはUSB 3.0端子×4、HDMI端子×1、ヘッドフォン出力/マイク入力端子×1など。通信規格は、有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応する。Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスとAdobe Photoshop Lightroom 5、Chroma Tune for TOSHIBAを標準搭載する。ワイヤレスレーザーマウスが標準で付属する。サイズはおよそ幅380.0×奥行259.9×高さ24.5mmで、重さはおよそ2.4kg。価格は25万円台前半。

dynabook T95/Rの主なスペック
機種名 dynabook T95/R
CPU Core i7-4720HQ(2.6GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4600
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD
ディスプレー 15.6型(3840×2160ドット)、タッチ対応
光学ドライブ Blu-ray Diskドライブ(BDXL対応)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×4、HDMI端子×1、ヘッドフォン出力/マイク入力端子×1など
内蔵カメラ 92万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅380.0×奥行259.9×高さ24.5mm/およそ2.4kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)

(次ページ「11.6型モバイルノート「dynabook N51/RG」も発表」へ続く)

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー