このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Broadwell世代の低消費電力CPU搭載

進化したゲキカル機「レッツノート RZ4」は2015年もモバイルノートの大本命

2015年01月19日 11時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックの「レッツノート RZ4」は、モバイルノートに慣れていない人にこそ勧めたい製品だ。

 理由は単純。これだけ小さくて軽い本体でありながら、パソコンに求められる性能、堅牢性、そして長時間のバッテリー駆動がバランスよく、そして一切の妥協なく詰め込まれているからだ。フルサイズのポートしかり、キーボードしかり。要は何かにつなごうと思ったけど差せない、文字打つのが大変といったことがない。

 “モバイル”を優先することで、ほかが犠牲になっていないから、マニア層だけでなく広いユーザーが違和感なく使えると思う。

ポートはすべてフルサイズ。だからあの機器つなぐのに合うケーブルがない、何てことも少ないはず。

 そして何より、10.1型のディスプレーを採用した、本体のサイズはB5サイズの大学ノートより一回り小さい大きさ。しかも重量は約745gと、コンバーチブルPCとして世界最軽量だ。(2015年1月15日現在、パナソニック調べ)

 だから初めての人に、レッツノート RZ4の魅力を紹介するのも簡単だ。まず手渡して、その重さを感じてもらうだけで済むからだ。金属を使った質感の高い本体から想像する重厚感とは裏腹の片手で軽く持ててしまうフィーリングに驚いてもらうだけでいい。

より詳しく見る

前へ 1 2 3 4 5 次へ