このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

本音をぶっちゃけながらレビュー

1万円台で実用的! 8型 Windows 8.1 タブ「Diginnos DG-D08IW」はこう使う

2014年12月15日 08時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドスパラがお勧めする Windows.

 サードウェーブデジノスから、税込1万9980円という衝撃的な価格のWindowsタブレット「Diginnos DG-D08IW」が発売された。OSにWindows 8.1 with Bing(32ビット版)を搭載した、8インチサイズのモデルだ。この値段なら試しに買ってみようと考えている方も多いのではないだろうか。そこで今回は、この激安タブレットDiginnos DG-D08IWの使い勝手や使い道について、本音をぶっちゃけながらレビューしたい。

8型Windows 8.1 with Bingタブレット「Diginnos DG-D08IW」。CPUはAtom Z3735F(1.33GHz)で、2GBメモリーを搭載する
主なスペック
OSWindows 8.1 with Bing(32ビット)
CPUAtom Z3735F(1.33GHz)
GPUインテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリー2GB
ストレージ16GB eMMC
光学式ドライブなし
カメラフロント200万画素、リア200万画素
センサーGPS、加速度センサー
ディスプレー10点マルチタッチ対応8型ディスプレー(1280×800ドット)
インターフェースmicroUSB、microHDMI、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドフォン×1
通信機能IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0+HS
サイズ/重量約幅213×奥行127.96×高さ8.6mm/約345g
連続駆動時間約6.1時間

驚くほど薄くて軽い!

 低価格タブレットと聞くと、厚くて重くて野暮ったい「中華タブ」を思い浮かべるかもしれない。ところが、Diginnos DG-D08IWのフットプリント(接地面積)は約幅213×奥行127.96mmで、A5サイズ(幅210×奥行き148mm)より二回りほどコンパクトな印象だ。

Diginnos DG-D08IWの背面。フットプリントは約幅213×奥行127.96mmとかなりコンパクト

 厚みは8.6mmで、8型のWindowsタブレットとしてはかなり薄い。重量は約345gと、これまた最軽量クラスだ。激安タブレットでありながら、持ち運びやすさについては非常に優秀。

 デザインとしてはスタンダードなタイプだが、背面にはヘアライン加工が施されており、格安モデルにありがちな安っぽさは感じられない。

軽量&薄型で、携帯性についてはまったく問題なし

 10点マルチタッチに対応する液晶ディスプレーのサイズは8型で、解像度1280×800ドットのWXGA表示対応だ。液晶パネルの駆動方式については不明だが、実際の映り具合を見ると発色については申し分なく、視野角の広さについても問題ないレベルだった。

液晶ディスプレーの解像度は1280×800ドット。8型のWindowsタブレットではスタンダードな仕様だ
視野角については広め。寝そべりながら使うなど、液晶ディスプレーを多少斜めの方向から見ても色合いの変化はあまりない


 

(次ページ、「インターフェースやセンサーも手抜かりなし」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ラインナップ
コンテンツ