このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Windows 8.1 with Bingを採用し、手ごろな価格

最初のWindowsタブなら、4万円ちょっとで4GBメモリーのDiginnos DG-D10IW

2014年08月14日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスの「Diginnos(デジノス) DG-D10IW」は、今話題の「Windows 8.1 with Bing」を採用し、ドスパラ通販サイトの直販価格が税込4万1018円とお手頃な10.1型タブレットだ。最近は4万円程度で購入できる低価格なWindowsタブレットは珍しくない。だが残念なことに、こうした製品の大半はCPUがAtomでメモリーが2GBとロースペック。価格はともかく、パフォーマンス面に不満を感じることも多かった。「Windowsタブレットは物足りない」と感じてしまった人もいるのではないだろうか。

 だが、このDiginnos DG-D10IWは、CPUは最新のCeleron N2807(1.58GHz)で、メモリーもしっかり4GBを搭載するなど、実用的に使えるパーツで構成されている。きちんと使える、価格もパフォーマンスも嬉しい製品であることが、期待できるのだ。本製品を試用する機会を得たので、さっそくレビューしよう。

CPUにBay Trail-MのCeleron N2807(1.58GHz)を採用し、エントリーモデルながらと4GBメモリーと64ビット版Windows 8.1 Updateを搭載した「Diginnos DG-D10IW」
試用機の主なスペック
OSWindows 8.1 with Bing(64ビット)
CPUCeleron N2807(1.58GHz)
GPUインテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリー4GB
ストレージ64GB eMMC
光学式ドライブなし
ディスプレー10点マルチタッチ対応10.1型ディスプレー(1280×800ドット)
インターフェースUSB 3.0端子、microHDMI端子、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドフォン端子×1
通信機能IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0+HS
サイズ/重量約幅258×奥行173.2×高さ10.8mm/約650g
連続駆動時間約5.8時間


(次ページ、「低価格ながら実用的に使えるボディとインターフェース」へ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ラインナップ
コンテンツ