このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! ― 第52回

イベントの管理がますます便利に

iPhoneのカレンダーなら、目的地まで迷わない&遅れない!

2014年12月02日 17時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの便利な標準アプリとして、「カレンダー」が挙げられる。特にイベントを登録できるのは大きなポイントだ。仕事にしても、趣味にしても、カレンダーにイベント内容を登録すればスケジュール管理も安心。日常的に使っている人も多いだろう。

 今回はiOS 8から可能になった、どこに行けばいいかがすぐわかる「位置情報」と、出発地からそこに向かうまでの「移動時間」を、イベント内に登録する方法をそれぞれ紹介しよう。この2つを設定することで、道に迷うことも、予定に遅れることも防ぐことができる。

 まずはカレンダーにイベントを登録する方法をおさらい。アプリを起動して、右上の「+」をタップすれば新期イベントの登録画面になる。イベント名、場所、イベント開始〜終了の時間などを登録し、これまた右上にある「追加」をタップすればOKだ。

カレンダーを起動して、右上の「+」をタップして、イベント名や場所、日時などを入力し、右上にある「追加」をタップする。基本はこれだけ

イベントに位置情報を登録する!

 まずは位置情報。カレンダーでイベントを登録/編集する画面で、「場所」という項目をタップする。ここで検索欄に住所や地名・建物名などを入力すると、下に候補のピンが出てくるはずだ。それをタップすればよい。

カレンダーでイベントを編集するときに、「場所」をタップする検索欄に住所や場所を入れると、「位置情報」という欄に候補が出てくるので、どれかをタップしよう

 あとはカレンダーでイベントの詳細を見てみれば、目的地の位置情報を表示してくれる。土地勘のない場所に行くときなど、このテクニックはなかなか有効だ。

この画面のように、場所の下に小さい文字で住所が出ていれば大丈夫イベントの詳細を見ると、位置情報がマップ上に表示されるのだ

(次ページでは、「「移動時間」を登録してみよう」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中