このページの本文へ

もちろんフィクションです

匠の技が光る、PS4メタルスライムエディション制作現場を公開

2014年10月30日 21時07分更新

文● オオタ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、スクウェア・エニックスとコラボレーションした数量限定商品「PlayStation 4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」を12月11日に販売。28日より順次予約受付を開始した。価格は4万9980円(税別)。

「PlayStation 4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」

 同商品は、「メタルスライムを倒して入手したメタルのカケラを使って鍛冶職人が作りだした」というコンセプトのもと、PS4およびワイヤレスコントローラーに「メタルスライム」をイメージしたカラーと、同キャラクターのデザインを採用し、さらに、PS4に装着可能な「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱される。

 また、2015年2月26日に発売される予定の「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」を発売日前日からプレイできるプロダクトコードが用意されている。こちらには、PS4専用オリジナルテーマやゲーム内で利用できる「ドラゴンクエストIII勇者コスチューム(主人公・男女用)」も含まれる。

実際の刀匠がメタルスライムから鍛えあげる!?
ドキュメンタリー風フィクション映像も公開

 合わせて、「PlayStation 4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」をドキュメンタリー風フィクション映像で紹介する「『PlayStation 4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション』ができるまで”篇」の配信も開始した。

 撮影は鍛冶屋で実際の刀鍛冶職人である吉原義一氏とその一門の弟子に協力を依頼。吉原氏が普段から使われている工房で、実際の工程にのっとって撮影されている。シリーズファンならつい口がほころんでしまうドラゴンクエスト用語を随所に織り交ぜた演出に仕上がっている。

カテゴリートップへ

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中