このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第102回

LTEが使えるタブ、AQUOS、MeMO、ThinkPadの速度対決

2014年10月13日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホの冬モデルは本格リリースはこれからということもあり、7型のAQUOS PAD、8型のMeMO Pad 8、10型のThinkPad 10という、LTE対応タブレットを比較しているスマホ定点観測。今回は文字入力や通信速度を含めたスピードチェックだ。

ドコモ「AQUOS PAD SH-06F」au「MeMO Pad 8 AST21」「ThinkPad 10 for SoftBank」

画面サイズが異なり
それぞれ特徴が違う3機種のスペックをおさらい

 前回同様、比較しているのはドコモ「AQUOS PAD SH-06F」、au「MeMO Pad 8 AST21」、そして「ThinkPad 10 for SoftBank」の3機種。まずは主要スペックのおさらいから。

  ドコモ
「AQUOS PAD
SH-06F」
au
「MeMO Pad 8
AST21」
「ThinkPad 10
for SoftBank」
メーカー シャープ ASUS レノボ
本体サイズ 約106×175×8.4mm 約123×213×7.7mm 約177×256.5×8.95mm
重量 約233g 約301g 約610g
画面サイズ 7型 8型 10.1型
画面解像度 1200×1920ドット 1200×1920ドット 1200×1920ドット
OS Android 4.4.2 Android 4.4.2 Windows 8.1 Pro
CPU クアッドコア 2.5GHz クアッドコア 2.33GHz クアッドコア 2.39GHz
ROM/RAM 32GB/2GB 16GB/2GB 64GB/2GB、
128GB/4GB
メモリーカード microSDXC(128GB) microSDXC(64GB) microSDXC(64GB)
下り最大通信速度 150Mbps
(Xi)
150Mbps
(4G LTE)
100Mbps
(4G LTE)
LTE対応周波数 2GHz/1.7GHz/
1.5GHz/800MHz
2GHz/1.5GHz
/800MHz
2.5GHz(AXGP)
/2GHz/1.7GHz
/900MHz
キャリアアグリゲーション × × ×
VoLTE × ×
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大10台) ○(最大8台) ○(最大10台)
カメラ画素数 800万画素CMOS
(裏面照射型)
500万画素CMOS
(裏面照射型)
800万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 210万画素CMOS
(裏面照射型)
120万画素CMOS 200万画素CMOS
防水/防塵 ○/× ×/× ×/×
ワンセグ連続視聴 9時間50分 × ×
フルセグ連続視聴 7時間20分 × ×
FeliCa × ×
赤外線通信 × × ×
NFC
Bluetooth 4.0 4.0 4.0
MHL(HDMI) × ○(SlimPort) microHDMI
Miracast
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 4200mAh 4000mAh 33Wh
Qi × × ×
カラバリ White パールホワイト、パウダーピンク、メタリックブルー グラファイトブラック

 最初のスペックでは日本向け機能を網羅し、さらに料金も安かったAQUOS PADがまずは1勝。しかし、タブレットでは日本向け機能は重視しない人も多いだろうし、料金はスマホとセットで利用すれば、3機種とも比較的安価に利用できる。まだこれが決め手にはならないはず。

MeMO Pad 8のスクロールが快適
ThinkPadも滑らかだが、時間自体は……

 まずはスクロールチェック。あらかじめ同じメールアカウントですべて同期しておき、500通目に達するのが一番早い機種を勝ちとする。スマホのテストでは片手操作としていたが、タブレットでは両手操作にした。

 メールアプリはAQUOS PADとMeMO Pad 8はGmailアプリであらかじめ受信しておき、ThinkPadはWindows標準のメールアプリにMicrosoftアカウントにサインインし、その後Gmailのメールを同期した。タイムはストップウォッチで3回計測。結果は以下の通りだ。

  AQUOS PAD MeMO Pad 8 ThinkPad 10
最速タイム 5秒39 5秒04 8秒09
平均タイム 6秒27 5秒84 9秒20

 トップはMeMO Pad 8。終始滑らかなスクロールができて気持ちいい。2位はAQUOS PADだが、タイム差は小さいのだが、スクロールは終盤になると細かく止まり、引っかかる。序盤は滑らかなスクロールなのだが……。

 3位となったThinkPad 10はOSとアプリの差が大きいだろう。スクロール自体はとても滑らかだが時間がかかる。また指のタッチの仕方でスクロールの動きが変わるので、慣れていればタイムを短縮できるかもしれない。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART