このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第165回

AMD「FX-8370E」と「Radeon R9 285」が発表、早速ベンチマーク

2014年09月02日 21時01分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2014年9月2日、AMDから新型CPUとGPUが発表された。まずCPUは、ミドルクラスな価格帯になる「FX-8370」、「FX-8370E」、「FX-8320E」の3種類。いずれも8コアである。

AMD「FX-8370E」と「Radeon R9 285」のリファレンスモデル

 以前発売された「FX-9590」がTDP 220Wという、自作PCスキルが試されるTDPであったのに対して、「FX-8370」は125W、「FX-8370E」と「FX-8320E」は95Wと平和なもので、消費電力を気にする層で、かつAMDファンからすると「FX-8370E」と「FX-8320E」が気になるところではないだろうか。想定される価格帯は下記の通りで、ローコストに8コア環境を構築できる。

CPUの価格
FX-8370 2万1980円(税抜)
FX-8370E 2万1980円(税抜)
FX-8320E 1万6180円(税抜)

 価格的には、FX-8320Eを凝視してしまうが、FX-8320の低電圧版に位置しており、同グレードのFXシリーズと比較すると、FX-8300(3.30GHz/4.20GHz)に対してFX-8320E(3.20GHz/4.00GHz)であり、その他構成も同一であることから、選択肢としては弱いものとなっている。

FX-8370FX-8370E

 となると、気になるのは「FX-8370」と「FX-8370E」。扱いとしては「FX-9590」と「FX-9370」に次ぐものとなっている。「FX-8370」と「FX-8370E」の違いは、ベースクロックとTurboCoreの数値とTDPで、下記の表のようになる。

CPUのスペック
  FX-8370 FX-8370E FX-8320E FX-8350
製造プロセス 32nm 32nm 32nm 32nm
コア数 8 8 8 8
コアクロック 4.0GHz 3.3GHz 3.2GHz 4.0GHz
TurboCore時最大クロック 4.3GHz 4.3GHz 4.0GHz 4.2GHz
3次キャッシュ容量 8MB 8MB 8MB 8MB
TDP 125W 95W 95W 125W

 「FX-8370」はベースクロックとTurboCoreの差はほとんどなく、「FX-8370E」はベースクロック3.30GHzから1GHzアップのTurboCoreとなっている。価格帯は共通になる見通しで、用途に応じて選ぶといった扱いになっている。

 次に「Radeon R9 285」。Tongaを採用するビデオカードで、TDPの低下が大きな特長となる。またTrueAudioもサポートしており、Radeon R9シリーズの中では性能をなるべく維持しつつ、消費電力の削減の斬り込んだ製品となっている。認識としてはミドルハイクラスと覚えておけばいい。または「Radeon R9 280」の置き換えでもOKだ。

GPUのスペック
  Radeon R9 285 Radeon R9 280
製造プロセス 28nm 28nm
ストリーミングプロセッサー数 1792 1792
テクスチャユニット数 112 112
コアクロック 918MHz 933MHz
メモリークロック 5.5GHz 5.0GHz
メモリーインターフェース 256bit 384bit
メモリー容量 GDDR5 2GB GDDR5 3GB

 シェーダー数は1792と同じだが、動作クロックの低下やメモリインターフェースが384bitから256bitになるなどの差が生まれている。

評価素材としてやってきたのは
FX-8370、FX-8370E、Radeon R9 285

 ベンチマークに入る前に、テスト環境を掲載していく。まずCPUはFX-8370、FX-8370Eの2つが届き、セットで届いたASUS製マザー「CROSSHAIR V FORMULA」に「FX-8350」がマウントされており、「これも比較しろ」との念波を受信したので、FX-8350も比較用として勝手に加えている。

 メモリーはRadeon R9 Gamerシリーズ 4GB×2、ビデオカードはGIGABYTE製「GV-R9285WF2OC-2GD」。外観はRadeon R9 280シリーズと似ており、補助電源は6ピン×2となっていた。そのほかの構成パーツは、ストレージとしてCFD 「CSSD-S6T128NHG6Q」。CPUクーラーはサイズ「阿修羅」。リテールクーラーにしようかと思ったが、現在主流のサイドフロー型クーラーで試したかったので、阿修羅を使用している。

テスト環境
CPU AMD「FX-8370」
AMD「FX-8370E」
AMD「FX-8350」
マザーボード ASUS「CROSSHAIR V FORMULA」(AMD 990FX+AMD SB950)
メモリー Radeon R9 Gamerシリーズ DDR3-2133 4GB×2
ビデオカード GIGABYTE「GV-R9285WF2OC-2GD」(Radeon R9 285)
HDD CFD「CSSD-S6T128NHG6Q」(SATA2 128GB)
電源ユニット fractal Design「FD-PSU-NT3B-1000W」(1000W)
CPUクーラー サイズ「阿修羅」
ビデオカードは、AMDリファレンスモデルではなく、GIGABYTE製「GV-R9285WF2OC-2GD」を使用した。GPUクロックが973MHzにアップしているオーバークロックモデルだ

次のページヘ続く (ベンチマーク結果へ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社