このページの本文へ

AWSクラウドとリバーベッド製品を利用「CA Cloud Storage for System z」

CA、「System z」の低コストなクラウドバックアップ製品

2014年06月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CA Technologiesは6月24日、「IBM System z」メインフレームで処理したデータをアマゾンウェブサービス(AWS)のクラウドにバックアップするソリューション「CA Cloud Storage for System z」の提供を開始した。

「CA Cloud Storage for System z」は、System zメインフレームのデータをリバーベッドのアプライアンス経由でAWSクラウドにバックアップするソリューション(画像はCAサイトより)

 CAでは、同ソリューションをAWSのクラウドストレージサービス「Amazon S3」や低コストストレージサービス「Amazon Glacier」、およびリバーベッドテクノロジーの「SteelStoreクラウド・ストレージ・アプライアンス」と共に使用することで、「ストレージ・コストを1GBあたり数円に削減することができる」と述べている。

 また、データがオフサイト保存されるため、ディザスタリカバリへの対応も改善されるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ