このページの本文へ

ソフトバンク、ドコモとよく似た内容の音声定額を7月開始

2014年06月07日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、基本的に時間/回数/相手を問わずに国内通話が定額になる新料金プラン「スマ放題」を7月1日にスタートする。それに先立ち、6月11日から予約受付を行なう。

 「スマ放題」は、国内音声通話が定額となる「通話し放題プラン」が基本プランとなる。「通話し放題プラン」は2年契約を前提に、スマートフォンでは月2700円、3Gケータイでは月2200円(以下含め、すべて税抜)など、音声定額で先行したドコモの「カケホーダイ&パケあえる」とほぼ同内容なのが特徴。

タブレット向けの基本プランも用意されている

家族間でデータシェアが可能に
シェアしない場合、通信量の翌月繰り越しが可能に

 データ定額も新しくなり、容量ごとに以下の料金となる。いずれも容量超過時は通信速度が最大128kbpsに制限される。

 「データ定額パック10」「データ定額パック15」「データ定額パック20」「データ定額パック30」は家族間で通信量を共有可能(「家族データシェア」)子回線にはシェアオプションとして月500円がかかる、1GBごとに1000円で追加できる、という点もいずれもドコモと同じ。

 一方、ドコモにはないポイントが「データくりこし」。各データ定額パックで設定した通信量のうち余った分を(追加購入分も同様)、100MB単位で翌月に繰り越せるというものだ。ただし、「家族データシェア」との併用は不可能である(後述する「U25ボーナス」も)。

 このほか「家族おトク割」として、「家族データシェア」を適用していない2~10回線の「データ定額パック」の通信量合計が10GBを超えた場合に、「データ定額パック5」が月300円、「データ定額パック10」が月1000円、「データ定額パック15」が月1500円、「データ定額パック20」が月2000円、「データ定額パック30」が月3000円、2年間割引に。

 さらに25才以下のユーザーが「通話し放題プラン」+「データ定額パック」に加入すると、通信量が月1GB追加+月500円割引される「U25ボーナス」。長期利用ユーザーにはTポイントが増額される「長期継続ボーナス」が用意される。具体的には、通常ケータイ料金1000円につき5ポイントの付与が、3~10年目のユーザーは2倍の10ポイントに、11年目以降は5倍の25ポイントとなる。

 詳細はあらためて同社ホームページで掲載されるとのこと。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART