このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ドコモ、音声定額で月2700円&通信量はシェアも可!

2014年04月10日 19時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、固定/他社携帯宛を含む音声定額と、複数機器/家族でデータ通信量を分け合える「カケホーダイ&パケあえる」を6月1日からスタートする。これに合わせて、都内でメディア向けの説明会が行なわれた。

スマホなら月2700円で国内通話は
相手や回数、時間関係なく定額に

 「カケホーダイ&パケあえる」では基本プランが変更になり、音声通話付きの「カケホーダイプラン」、音声無しで主にタブレットやルーター向けの「データプラン」の大きく2種類が用意される。

ドコモの音声定額は10分以内で月500回といった制限はない

 「カケホーダイプラン」はスマホやタブレットのほか、従来型のFOMAケータイでも利用可能で、前者は2700円、後者は2200円(以下すべて税抜、2年契約が前提の料金)。「カケホーダイプラン」の音声定額は、0180など一部番号を除き、固定/他社携帯宛の国内通話が含まれる。また、ウィルコムなどの他社の音声定額と異なり、通話時間/回数などの制限が原則存在しないのが大きな特長だ。

区分 プラン名 月額料金
(2年契約、税抜)
音声有り
(国内音声定額)
カケホーダイプラン
(スマホ/タブレット)
2700円
カケホーダイプラン
(ケータイ)
2200円
音声無し データプラン
(スマホ/タブレット)
1700円
データプラン
(ルーター)
1200円

データ通信は1人で2台、もしくは家族で
決められた通信料を分け合える!

 つづいて「カケホーダイ」「データプラン」には、新しいパケット定額を組み合わせる。詳しくは下の表を見ていただきたいが、1人向けと家族向けに大きく分けられている。1人向けは月2GBの「データSパック」(月3500円)、月5GBの「データMパック」(月5000円)の2種類。家族向けは10GB/15GB/20GB/30GBの容量を「ファミリー割引」適用のグループで分け合える。

区分 プラン名 通信量 シェア 月額料金(税抜)
1人向け データSパック 2GB 1人でシェア可 3500円
データMパック 5GB 5000円
家族向け シェアパック10 10GB 家族でシェア可(10回線まで) 9500円
シェアパック15 15GB 1万2500円
シェアパック20 20GB 1万6000円
シェアパック30 30GB 2万2500円
らくらくスマホ向け らくらくパック 200MB 不可 2000円

 1人向けでも通信量の分け合いが可能で、「カケホーダイ」と「データプラン」の組み合わせで利用できる。追加端末ではオプション(「2台目プラス」)で月500円が必要。家族向けの場合も同じく1台あたり月500円のオプション料金がかかる。

1人でも家族でもデータ量を分け合える

 今回は家族で加入している長期ユーザーを優遇しているのも特徴であり、具体的にはパケット定額に割引が発生する。この際は代表回線の契約期間で判定される。さらに25才以下で「カケホーダイプラン」と「パケットパック」に加入していると、月1GBの通信量のボーナスと、月500円の割引が適用される「U25応援割」も用意されている。

「ずっとドコモ割」の契約期間別の割引額
プラン名 本来の料金
(税抜)
契約年数ごとの割引額
1~5年 6~8年 9~10年 11~15年 16年~
データSパック 3500円 -600円
データMパック 5000円 -600円 -800円
シェアパック10 9500円 -300円 -600円 -800円 -1000円
シェアパック15 1万2500円 -300円 -600円 -800円 -1000円
シェアパック20 1万6000円 -600円 -800円 -1000円 -1500円
シェアパック30 2万2500円 -800円 -1000円 -1500円 -2000円
らくらくパック 2000円 -600円

 通信量が上限にまで達した場合は128kbpsに自動で制限される「リミットモード」がデフォルトで適用されるが、1GBあたり1000円で容量を追加可能なほか、自動で容量を追加する「スピードモード」にも変更可能。ちなみにどちらのモードでもオプション料金は発生しない。

通信量が上限まで達した場合は、手動で追加することも、自動で追加することも可能。デフォルトではリミットモード

Xiスマートフォンなどでは新プランが中心に

 なお、既存プランは当面継続されるが、Xi端末では新料金プランを推進していくとのことで(FOMA向けでは併存の予定)、ユーザーの声を聞きつつ、「3ヵ月程度」(ドコモ 加藤社長)の移行期間後に収束していくことを予定しているという。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART