このページの本文へ

アップルストアで発売

フィリップス、iPhoneで色を調節できるLED照明「hue」にリボン型と置型を追加

2014年06月04日 19時23分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フィリップスエレクトロニクスジャパンは6月5日、アプリで色や明るさをカスタマイズできるスマートLED照明「Philips hue(フィリップス ヒュー)」シリーズに、新製品2種類を追加。

 フィリップスエレクトロニクスジャパンは6月4日、アプリで色や明るさをカスタマイズできるスマートLED照明「Philips hue(フィリップス ヒュー)」シリーズに、新たに「Friends of hue(フレンズ オブ ヒュー)」として、テープ状の「ライトリボン」と、置型の「ブルーム」2製品を追加した。6月5日よりアップルストアおよびアップルオンラインストアにて発売する。

フレンズ オブ ヒュー(Friends of hue) ブルーム、ライトリボン

 hueは、2013年9月に日本で発売されたスマートLED照明で、iPhoneやスマホ、タブレットなどのアプリから、Wi-Fi経由で1600万色以上の色調設定や、タイマー設定、遠隔操作が可能だ。今回発売された2製品にはコントローラーブリッジが付属せず、別売りの「Philips hue スターターセット」(アップルストア価格2万6784円)に同梱されているコントローラーブリッジが必要となる。なお、スターターセットにはhueランプ3個が付属する。

コントローラーブリッジは別売りのスターターセットに同梱。
1600万色以上の色調設定が可能。色チャートのほか、好きな画像の色の一部を設定できる。

 ライトリボンはLEDが散りばめられた長さ2mのテープ上で、曲げたりハサミで好きな長さに切って使用できる。裏面は粘着面となっており、棚や床に貼りつけ可能だ。ブルームは、壁や棚に向けて光を当てて、間接照明として使える置型のLEDランプだ。

 ブルームの消費電力は最大8Wで、平均寿命は2万時間。ライトリボンの消費電力は最大12Wで、平均寿命は1万2000時間。対応OSは、iOS 4以上、Android 2.3以上。

 価格はオープンで、アップルストアおよびアップルオンラインストア価格ではブルームが1万584円、ライトリボンが1万1664円。

発表会にはダイバーシティ東京やはまみらいウォークなどの照明デザインを手がけた中島龍興照明デザイン研究所の中島龍興氏が登場。落ち着きたいときは青系、非日常的な活動中は赤系など、hueの効果的な使い方を説明した。
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中