このページの本文へ

ウィルコム、+月1500円で国内通話が完全定額の新オプション!

2014年05月30日 18時40分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウィルコムは、キャリアや時間などを問わずに国内通話をすべて定額にする新オプション「スーパーだれとでも定額」を6月1日からスタートする。料金は月1500円(税抜)。

 ウィルコムの定額通話オプションと言えば、1回10分/月500回までの国内通話が相手を問わずに定額となる「だれとでも定額」(月934円、税抜き)がよく知られている。しかし、ドコモが6月1日から国内の音声通話を完全定額にする「カケホーダイ」をスタート。他キャリアもそれに追随する可能性が考えるなか、ウィルコムの施策が注目されていた。

 「スーパーだれとでも定額」は、従来の「だれとでも定額」と同様に「新ウィルコム定額プランS」などと組み合わせて利用するプランで、ウィルコム同士のみならず、固定や他社ケータイなども24時間いつでも定額となる。

 さらにPHSを用いたパケット通信についても同様に定額となるため(スマートフォンなどの3G回線のパケット通信は対象外)、「新ウィルコム定額プランS」+「スーパーだれとでも定額」の合計である月2881円(税抜)で、ウィルコムの音声端末であれば、通話もメールもネットもすべて定額になるという計算だ。なお、「だれとでも定額」からのオプション変更は7月1日から受付可能になる予定。

 ウィルコムは6月1日にイー・アクセス(イー・モバイル)と合併し、将来的にはワイモバイルへとの社名変更を予定しているが、当面はウィルコムブランドでのサービス提供が行なわれる。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】ほんとにあった真夏の心霊トーーーク

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART