このページの本文へ

個人情報や書類のダウンロードに顔認証と音声認証技術を活用

マカフィー、生体認証対応「McAfee LiveSafe」、米HP製PCに導入

2014年01月20日 20時09分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
生体認証を備えたインストール台数無制限のクロスデバイス対応セキュリティーサービス「McAfee LiveSafe」を米ヒューレット・パッカード製PCの一部機種に導入

 マカフィーは1月20日、米ヒューレット・パッカードが販売するPCの一部機種に「McAfee LiveSafe」をプリインストールすると発表した。

 McAfee LiveSafeは、生体認証を備えたインストール台数無制限のクロスデバイス対応セキュリティーサービスだ。気密性の高い個人情報や書類を、オンラインストレージを通じてダウンロードする際に、顔認証と音声認証技術を活用する「パーソナルロッカー」機能を搭載する。また、クラウドを活用したパスワード管理ソリューション「マカフィー セーフキー」や、スマホやタブレット向けのプライバシー保護機能も装備している。

 

カテゴリートップへ

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから