このページの本文へ

色褪せぬ直線デザイン

80年代Macユーザー必見、「角マウス」が無線化して復活

2014年01月09日 17時21分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最近のMacユーザーは知らないかも…?

 センチュリーは1月8日、「角マウス」をモチーフにした「2.4GHzブルーLEDワイヤレス角マウス」を発表した。価格は5980円。1月9日より通販サイト「白箱.com」をはじめ、秋葉館、DO-MUの店舗で発売される。

 本製品は、1980年代にAppleから発売された「Apple IIGS」に付属していた「ADB Mouse」のデザインを踏襲したマウスだ。ADB Mouseは、日本では「角マウス」の通称でMacユーザーに親しまれていた。

ホイールは側面に現在のMacBookと合わせても遜色ないデザイン

 使っているだけでベテランMacユーザーに一目置かれそうなこちらのマウス、見た目はレトロだが、現代的な機能を盛り込んでいる。当時ボール式だった読み取り機構は1600dpiのブルーLEDに変更された。現代のPCに必須のスクロールホイールを搭載するが、角マウスのデザインを損なわないように本体側面に配置されている。さらに、一見ワンボタンに見えるが左右のクリックが独立している。

 電源は単3型電池1本で、PCの電源と連動してON/OFFを切り替える機能を搭載。小型のUSBレシーバーを同梱する。MacだけでなくWindowsでも使用可能だ。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中