このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新型「iPad mini Retina」をさっそく最速“痛化”だ!

2013年11月13日 17時30分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月12日にオンラインストアでの販売が始まり、ついで11月13日午前6時から店頭受け取り分の予約開始と、これまでにない販売パターンとなった「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。変則的かつ事前に予約できるため、お約束の行列は生じず、深夜にアップルの銀座直営店「Apple Store,Ginza」前にいたのは筆者を含む5人だけと、とても平和だった。そのあたりは既報を見てもらうとして、購入までの様子をお伝えしよう。

受け取りは、開店時間の午前10時から。午前6時の予約完了後にいったん銀座直営店「Apple Store,Ginza」を離れ、午前9時30分に戻ってきた

午前9時30分、20人くらいがノホホンと待つ

 いの一番にほしいわけではないので、午前9時30分くらいにApple Store,Ginzaに到着したところ、当日店舗分は予約済みであろうと思われる一向が並んでいた。このあたりはいつも通りの雰囲気だ。

 筆者が並んだ時点で12人目くらいで、ジーニアスの予約者のほうが多い状態だった。また、まとめてフロアに入れるのではなく、2階の一角でのみの対応だったため5〜6人ごとに入店という流れとなっていた。

筆者が到着したころには11名ほどが並んでいた。また、この時点で店員さんによる予約確認が行なわれた。フラッと並びに来たと思われる方も散見されたちょっと並ぶだけで取材することもなかったので、艦隊勤務で時間潰し
ノンビリなどと思っていたら、午前6時に一緒に予約した方がiPad mini Retinaをすでにゲットしていた。大手量販店に立ち寄ったところ、開店に合わせて販売を開始していたという

 なお、「今後も、今回のような販売パターンなのか」とスタッフに尋ねてみたところ、今回だけ特別とのことだった。疲労が少ないので、iPad系はこのパターンでもいいような気がする。ということで、特に差し入れもなく、iOSデバイスとしては穏やかな発売日になった。一方、11月14日はWi-Fi+Cellular版の販売が開始されるので、どう盛り上がるのか、気になるところではある。

ちなみに、午前10時直前の気温は11度

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中