このページの本文へ

【週刊グーグル】検索、android、YouTube関連の1週間 まとめ(4/25~5/1)

2013年05月07日 07時00分更新

大木信景(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4月25日
・グーグルがシスコと並び「クールIT」のトップに

 国際環境NGOグリーンピースが、IT分野の世界的な企業を対象に地球温暖化対策に関して評価する「クールITリーダーボード」を発表。第6回となる今回は、グーグルとシスコが同率で総合首位となった。「温室効果ガス排出削減へのITソリューション/解決策」、「自社の排出量削減」、「気候変動抑止や自然エネルギー普及を促す政策提言」の3分野についての評価となっている。

・「Google Play」を経由しないアプリのアップデートを禁止
 グーグルが開発者向けのポリシーを改訂。「Google Play」からインストールされたすべてのアプリに、同ストアを介してのアップデートが義務付けられた。アンドロイドアプリについては、アプリに関する手続きをすべて「App Store」を通じて行わなければならないiOSと比べた審査の甘さが以前から指摘されていた。

4月26日
・ネット選挙での不正なSEO対策について注意喚起

 グーグルが「Googleウェブマスター向け公式ブログ」にて、ネット選挙における注意喚起の記事を公開した。不正なSEO対策を行わないよう呼びかけている。検索結果を人為的に操作しようとする不正を行なうと、そのような施策を実施したウェブサイトは検索結果に表示されにくくなるという。

4月30日
・ついにiOS版「Google Now」が登場

 iOSのグーグル公式アプリ「Google 検索」がアップデート。androidではおなじみの「Google Now」がついにiOS向けに提供された。「Google Now」は、その日の天気や、目的地までの経路や所要時間など、位置情報やカレンダーなどと連動しユーザーが必要な情報を適切な時間に表示する機能。

カテゴリートップへ

ピックアップ