このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第136回

「Radeon HD 7790」はミドルレンジGPUを再定義できるか?

2013年03月22日 22時00分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月22日、AMDはかねてからネットで噂されていた新GPU「Radeon HD7790」(以下、HD7790)を発表した。型番からわかる通り、既存のSouthern Islands世代のミドルレンジGPU、しかも「Radeon HD 7850」(以下、HD7850)と「Radeon HD 7770」(以下、HD7770)の中間に位置する製品となる。

AMDの新GPU「Radeon HD7790」のリファレンスカード

 「今、このタイミングでなんと微妙なスペックのものを……」と感じるかもしれないが、実はHD7850とHD7770の間には、ちょっとやそっとのOCでは埋められない大きな性能と価格のギャップが存在する。実売1万3000円~1万5000円のHD7770の上は、実売1万8000円~2万2000円のHD7850にジャンプアップせざるを得ないのだ。このギャップをHD7790が埋めることができるのか、これから各種ベンチを通じて解明していきたい。

主要ミドルクラスGPUの性能比較。HD7850とHD7770の間には深くて大きな性能のギャップが存在する(テスト環境は後述)

データレート6GHz相当
新PowerTuneを搭載

 まずはHD7790のスペックをその上下クラスと比較してみよう。28nmプロセス製造やGCNアーキテクチャーを採用しているなど、既存のHD7000シリーズと基本設計は同じだ。TDPは85W、6ピン1系統の外部電源だけで動作するという点も変わっていない。

各ビデオカードの比較表
  Radeon HD 7790 Radeon HD 7850 Radeon HD 7770
開発コード Bonaire Pitcairn Cape Verde
製造プロセス 28nm 28nm 28nm
ストリーミング
プロセッサー数
896基 1024基 640基
コアクロック 1000MHz 860MHz 1000MHz
メモリ転送レート(相当) 6GHz 4.8GHz 4.5GHz
搭載メモリー 1GB GDDR5 2GB GDDR5 1GB GDDR5
メモリバス幅 128bit 256bit 128bit
TDP 85W 130W 80W
外部電源 6ピン×1 6ピン×1 6ピン×1

 HD7790ではSP数を640基から896基に増やし、ジオメトリーとテッセレーションエンジンを2組に増やす(HD7770は1組)ことでも全体のスループットを上げている。ここまでならHD7850の縮小版だが、HD7800シリーズと差別化するためにメモリーバス幅は128bit、さらにメモリー搭載量も1GBと、それぞれHD7850の半分に制限されている。

 しかし、ここで注目したいのはメモリーのクロックだ。HD7790では1500MHz動作、データレート換算で6GHz相当に設定されているが、これはHD7970 GHz Editionと同じ設定だ(もちろんクロックだけだが)。

 さらにHD7790には新要素も存在する。それは負荷に応じてコア電圧やクロックを可変させる「PowerTune」の改良だ。従来のHD7000シリーズでは、アイドル状態からブースト状態になるまで4段階のステージが設けられていたが、HD7790では8段階にアップ。各ステージを10msで遷移させることで、その時点で最適な電圧やクロックで動作することを狙っている。アーキテクチャー自体のワットパフォーマンスは変えられないが、電力管理を細かくすることで少しでも改善しようというわけだ。

HD7000シリーズPowerTuneは、負荷に応じて4つのステージを使い分けていた一方HD7790ではPowerTuneのステージを8つに増やし、負荷に応じて細かくステージを遷移させる

 このPowerTune改良のため、HD7790は既存のHD7850の回路を少し無効化して安く出したGPUではなく、HD7790用として新規に起こされたシリコンを使っている。“破棄するチップが多いから細工して出した”ではなく、この価格帯に合わせた最適な設計のものを作った、ということだろう。

HD7790は上位チップのリナンバーではなく、この価格帯のために設計されたチップだ

検証用にSAPPHIRE製ビデオカードを入手

 今回は、オーバークロック仕様のSAPPHIRE製ビデオカード「HD7790 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+DL-DVI-D/HDMI/DP DUAL-X OC VERSION」を入手したので、このビデオカードでHD7790の性能を探ってみよう。

今回入手したSAPPHIRE製のオーバークロック仕様のRadeon HD 7790搭載ビデオカード。デュアルファンで強烈に冷却するのが魅力。原稿執筆時点での価格は不明だ

 今回入手したHD7790のサンプルカードは、コア1070MHz相当、メモリーは6.4GHz相当にオーバークロックされた、かなりパフォーマンス志向の強い製品だ。

「GPU-Z」によるSAPPHIRE製サンプルカードの情報表示
サンプルカードは大型のヒートシンクで覆われているためか、全長は220mm強と長め。ただ裏側をみると回路が搭載されている基板部分は短いことがわかる
サンプルカードはオーバークロック仕様だが、元のTDPが85Wと低いため、外部電源は6ピン1系統で済む出力端子はDVIが2系統、HDMIおよびDisplayPortが1系統とごく普通の構成だ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社