このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第121回

Radeon HD 7770/7750はミドルレンジの新定番になるか?

2012年02月15日 14時01分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは日本時間2012年2月15日、Radeon HD 7000シリーズの新モデル「Radeon HD 7770」と「Radeon HD 7750」を発表した。それぞれ2011年5月に登場した「Radeon HD 6770」「Radeon HD 6750」の後継モデルとなるミドルレンジ向けGPUだ。

今回発表になったRadeon HD 7770(画像左)とRadeon HD 7750(画像右)

 今回登場したRadeon HD 7700シリーズは、コアの製造プロセスが「Radeon HD 7970」や「Radeon HD 7950」と同じ28nmプロセスへと変更。アーキテクチャーも刷新され、ミドルレンジの700番台モデルとしては、2009年10月に登場したRadeon HD 5700シリーズ以来、実に2年4ヵ月ぶりの大幅アップデートとなる。

AMDのGPUでは着々と世代交代が進んでいる

 想定価格はRadeon HD 7770が約1万6000円~1万9000円、Radeon HD 7750が約1万3000円~1万5000円前後とされ、ミドルレンジを担う価格帯へと投入されるということで注目しているユーザーも多いと思う。そこで今回は編集部に到着したばかりのリファレンスモデルを使って、気になる性能をじっくりとチェックしていくことにしたい。

上位モデルと同じ「Graphic Core Next」アーキテクチャーを採用するRadeon HD 7700シリーズ

 Radeon HD 7770/7750のコアアーキテクチャーは上位モデルと同じ「Graphic Core Next」(以下GCN)を採用する。GCNで中核を担うRadeon Core自体は、Radeon HD 6000シリーズのVLIWから大きな変更はないものの、内部構成を見直すことでスループットを向上。さらに、より汎用的な用途でもパフォーマンスが発揮できるように設計されているのが特徴だ。
 なお「Graphic Core Next」については「28nmの新設計GPU「Radeon HD 7970」は頂点に立つのか?」で詳しく解説しているので、そちらを参照してもらいたい。

Radeon HD 7700シリーズのブロックダイアグラム図。Radeon HD 6000シリーズまでのSIMD EngineからGCN Compute Unitへと変更されている

 そのほか機能面では、省電力機能「AMD Power Tune Technology」や、ディスプレーの電源がオフになるような状態で、PCI Express以外の電力供給をカットする「AMD ZeroCore Power Technology」を搭載。さらに、「AMD Eyefinity Technology 2.0」によるマルチディスプレーや最新インターフェースPCI Express 3.0にも対応するなど、上位モデルRadeon HD 7900シリーズと同様の機能をサポートする。

Radeon HD 7900/7700シリーズの機能比較。搭載機能についてはRadeon HD 7900シリーズと同等だ

 一方、性能面では、ストリーミングプロセッサ数が上位モデルのRadeon HD 7770で640基、Radeon HD 7750では512基へと大幅に縮小。また、ROPユニット数も16基へと半減、メモリインタフェースは1/3となるなどミドルレンジらしく大胆な割り切りが行われている。

Radeon HD 7770/7750のスペック表

 そのおかげもあり、消費電力はRadeon HD 7770が80W、Radeon HD 7750で55Wとかなり低く抑えられている。特にRadeon HD 7750ではPCI Expressの最大供給電力75Wを下回るため、ミドルレンジ製品としては久しぶりに外部電源が不要のモデルとなる点には注目だ。
 動作クロックはRadeon HD 7770がコアクロック1GHz、メモリクロックが1150MHz(転送レート4500MHz)。Radeon HD 7750がコアクロック800MHz、メモリクロックが1150MHz(転送レート4500MHz)となっている。

各ビデオカードの比較表
  Radeon HD 7770 Radeon HD 7750 Radeon HD 6770 GeForce GTX 550Ti
製造プロセス 28nm 28nm 40nm 40nm
DirectX対応 11.1 11.1 11 11
コアクロック 1GHz 800MHz 850MHz 900MHz
ストリーミング
プロセッサ数
640基 512基 850基 192基
ROPユニット数 16基 16基 16基 24基
メモリ転送レート(相当) 4.5GHz 4.5GHz 4.8GHz 4.1GHz
メモリタイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリバス幅 128bit 128bit 128bit 196bit
メモリ帯域 72GB/s 72GB/s 76.8GB/s 98.5GB/s
最大消費電力 80W 55W 108W 116W
外部電源 6ピン なし 6ピン 6ピン
Radeon HD 7770(画像左)とRadeon HD 7750(画像右)のGPU-Z 0.5.8実行結果。まだ正式対応していないため正確な情報が取得できていない
Catalyst Control CenterでRadeon HD 7770のスペックを確認したところ。アイドル時はコアクロック300MHz、メモリクロック150MHzまで低下する
Catalyst Control CenterでRadeon HD 7750のスペックを確認したところ。こちらもアイドル時はコアクロック300MHz、メモリクロック150MHzまで低下する

※お詫びと訂正:表内の型番に誤った記載がありました。訂正してお詫びいたします。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社