このページの本文へ

最新スマホも続々登場! Mobile World Congress 2013レポ ― 第3回

サムスン、中型タブレットに新境地「GALAXY Note 8.0」

2013年02月24日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子は、MWC2013開幕直前の24日に新型タブレット「GALAXY Note 8.0」を発表した。これまでのGALAXY Noteシリーズと同様にSペンによるペン操作にも対応する。2013年第2四半期に欧州、韓国、北米などでリリース予定。

 同社のモバイル事業のトップであるJKシン氏は「片手で使える7型タブレットのGALAXY Tabはモバイル業界に新しい扉を開いた。それから3年経ってリリースされたGALAXY Note 8.0は、ポータビリティーと日々の生産性を完璧に融合した端末として、新しい息吹をこのジャンルにもたらす」と説明している。

見た目はさらに大きくなったGALAXY Note?

 特徴的な機能としては、ニュースアグリゲーションアプリである「Flipboard」のカスタマイズバージョンを搭載。Sペンによる操作にも対応している。また、Sペン自体も新しくなっており、画面にタッチさせずに使うことも可能になったほか、MENU/戻るキーの操作も可能になった。

 ディスプレーは8型液晶で、解像度は1280×800ドット。CPUは1.6GHz動作のクアッドコア。Android 4.1.2を採用し、メインメモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB/32GBの2バージョンが用意される。リリース内では3G版のみ紹介されており、LTE版の有無については言及されていない。

 なお、実機の写真やレポートについては、MWC2013の会場からお届けする予定だ。

GALAXY Tabではタッチキーのみだったが、物理キーを用意するなど、GALAXY Noteシリーズとの連続性を持ったデザインになっている
こちらは新しいSペン
  GALAXY Note 8.0 GALAXY Tab 7.7
Plus(参考)
ディスプレー 8型液晶 7.7型有機EL
画面解像度 1280×800ドット 1280×800ドット
サイズ 210.8×135.9×-mm 197×133×7.9mm
重量 338g 344g
CPU 1.6GHz(A9)
(クアッドコア)
APQ8060 1.5GHz
(デュアルコア)
メモリー容量 ROM:16 or 32GB/RAM:2GB ROM:32GB/RAM:1GB
OS Android 4.1.2 Android 4.0
バッテリー容量 4600mAh 5100mAh

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART