このページの本文へ

ひねって回す、4つのモードで快適にWindows 8が活用できる

レノボ、液晶ヒンジが自由に稼働するThinkPad Twist

2013年02月19日 13時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは2月19日、コンバーチブル型のUltrabook「ThinkPad Twist」を発表した。ウェブ直販限定で、20日より販売を開始する。ThinkPad Edge Twistの名称で昨年10月に海外では発表されていた。当初国内では販売しない方針だったが、その後ニーズを考えて、発売に踏み切ったという。

 筺体はEdgeシリーズ同様、若干茶色みがかかったブラック。液晶パネルの周囲には銀縁をイメージしたアクリル素材を使用するなど、クラシックと呼ばれるオーソドックスなThinkPadとは趣の少し異なったデザインとなっている。

ThinkPad Twist

 ThinkPad Twistは12.5型ディスプレー(解像度1366×768ドット)で、5点マルチタッチに対応。米コーニング社のゴリラガラスを採用するなど、堅牢性にも配慮している。IPSタイプのため視野角が広く、囲んで使用するといった用途にも適している。

ThinkPad Twist。液晶ディスプレーが水平にスライドするコンバーチブル型のタブレット

 ノートブック(Laptop Mode)、テント (Tent Mode)、スタンド (Stand Mode)、タブレット (Tablet Mode)の4つのモードで利用が可能。ビジネスはもちろん、建築現場、流通、研究、学校といった用途での利用も想定している。

ヒンジの機構は異なるが、IdeaPad Yogaのように4つのモードを自由に選択してWindows 8を利用できる

 CPUにはCore iシリーズを採用し、メモリーは最大8GBの搭載が可能。ストレージはSSDを採用したハイブリッド構成。Windows 8/Windows 8 Proが動作する。

 インターフェースは、USB 3.0×2、Mini HDMI×1、Mini DisplayPort×1、Ethernet、4in1 メディア・カード・リーダーなど。ステレオスピーカー内蔵で、Dolby Home Theater v4にも対応。

参考スペック
製品名 ThinkPad Twist
CPU Core i7-3537U(2.0GHz、TB時3.1GHz) Core i3-3217U(1.80GHz)
メモリー 8GB 4GB
ハイブリッドドライブ HDD 500GB+SSD 24GB(mSATA) HDD 320GB+SSD 24GB(mSATA)
ディスプレー 12.5型IPS(1366×768ドット)
I/O USB 3.0×2、Mini HDMI×1、Mini DisplayPort×1、Ethernet、4in1 メディア・カード・リーダーほか
無線機能 IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ ○(720p対応)
バッテリー駆動時間 公称約7時間
サイズ 幅313×奥行き236×高さ20mm
重量 約1.58kg
OS Windows 8 64bit Windows 8 64bit
予想実売価格 11万円前後 8万5000円前後

レノボ・ジャパンから販売するモデルのスペック内容に変更があったという連絡があったため、修正しました。(2013年2月20日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART