このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone/iPadで「nasne」をトコトン楽しむ! ― 第1回

iPhone/iPad&「nasne」こそ最高のテレビ視聴環境だ

2013年02月12日 12時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobuTELAS

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone/iPadアプリがDTCP-IP対応可能に

 基本的にグローバルモデルしか存在しないApple製品では、日本のテレビ事情が考慮されていない。だから、ハードウェアメーカーによるカスタマイズの余地があるAndroid端末でテレビを視聴できることを、横目で見ているしかなかった。しかし、昨年秋から事情は一変、iPhone/iPadなどiOSデバイスでもAndroid端末と同様の使い方が可能になった。

 そのきっかけとなったのは、IPネットワーク上を流れる映像信号を暗号化する「DTCP-IP」の運用規定緩和。従来は厳重だったチェック機構が、技術的な懸念がなく妥当と判断される場合は簡略化して構わないと方針転換されたのだ。結果として、ソフトウェアを追加するだけで、DLNA/DTCP-IP対応機器との間で著作権保護されたコンテンツの転送が可能になった。

 つまり、今後はiPhone/iPadでもDLNA/DTCP-IP対応動画アプリを用意すれば、同じネットワーク上にあるビデオレコーダーやTVチューナーと連携し、地デジやBS/110度CSデジタル放送を視聴できる。DTCP-IPに対応できるのは(国産の)Android端末のみという状況は、すでに過去の話となったのだ。

 それを可能にしたのが「Twonky Beam」。App Storeで無償公開中のこのアプリ、同じネットワーク上にあるDLNA/DTCP-IP対応のビデオレコーダーを自動検出、そこに保存されている録画済番組をiPhone/iPadから再生できる。これまでもiOSデバイスで著作権保護されたコンテンツを再生可能にする仕組みは存在したが、Twonky BeamとDLNA/DTCP-IP対応のビデオレコーダーさえあれば、余分な出費なしに気楽に録画済番組を楽しめるのだ。

iPhone/iPadアプリ「Twonky Beam」と、DLNA/DTCP-IP対応のビデオレコーダーがあれば、録画したテレビ番組が楽しめる
Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ App
価格無料 作者PacketVideo
バージョン3.3.5 ファイル容量16.6 MB
対応デバイス全機種 対応OSIOS 5.0以降
ソニーストア

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中