このページの本文へ

Surfaceより先に正式発売! ASUS製Windows RTタブが週末に

2012年11月10日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MicrosoftのARMプロセッサー向け最新OS「Windows RT」を搭載したASUSTeK製のタブレット「VivoTab RT TF600T」がまもなく店頭にやってくる。TWOTOP秋葉原本店にて、11月11日(日)から販売が開始される予定だ。

Windows 8ベースのタブレット向けWindows搭載製品がついに国内初登場。ASUSTeK製の「VivoTab RT TF600T」が“本家”の「Surface」に先駆けて発売開始される

 同様の製品といえば、マイクロソフト純正の「Surface」が有名だが、こちらは輸入版が今週入荷したのみで、国内における正式な発売の沙汰は今だになし。VivoTab RT TF600Tが“本家”に先駆けての先行発売となる見込みだ。

クアッドコアCPUを搭載する高性能モデルで、頑丈なフレームを採用しながらも525gと軽量。製品には「Microsoft Office 2013 RT Preview」もプリインストールされる

 ディスプレーは解像度1366×768ドットの10.1型液晶で、前面には米Corning社製の強化ガラス「Fit GLASS」を採用。CPUにはクアッドコア動作の「Tegra 3」(1.4GHz)を搭載する。本体サイズは幅262.5×奥行き170.9×高さ8.3mm。フレームは耐久性に優れた軽量アルミニウム製で、重量は525g。

 プレビュー版の最新オフィスソフト「Microsoft Office 2013 RT Preview」がプリインストールされるほか、別売りのキーボードドックを使用すればノートPCスタイルで快適なテキスト入力を実現できる。

 TWOTOP秋葉原本店における予価は5万9800円。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART