このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第267回

メニューがほぼ猫語!? 「ねこまる茶房」で猫撮影!

2012年08月24日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ちゃんとカメラ目線をしてくれる銀さん。人に慣れててみんなに囲まれても逃げない。後ろにちらりと映っているのはお客さん(2012年8月 オリンパス OM-D E-M5)
ちゃんとカメラ目線をしてくれる銀さん。人に慣れててみんなに囲まれても逃げない。後ろにちらりと写っているのはお客さん(2012年8月 オリンパス OM-D E-M5)

 先日、とある猫関連のイベントに出演したときにお会いしたのが「ねこまる茶房」というお店をやってる丸山さん。

 イベントで紹介していた猫料理があまりに面白かったので遊びに行ってきたのである。

 猫料理……ってもちろん猫を料理するんじゃなくて、猫をモチーフにした料理を出してるのだ。

 たとえば「ニャポリタン」とか「ニャーニャー麺」とか……。

 メニューの飲み物を見るといきなり「ニャプチーノ」とか「ジンニャーエール」とか……。

 えっと、メニューのほとんどがにゃあにゃあ言ってて、お客さんは恥ずかしそうに「ニャプチーノください」というんだろうかと思いきや、「いや、みんなよろこんでニャアニャアいってますよ」と丸山店長。はい、猫好きしか来ないお店ですもんね。

 私もニャプチーノください、といいながら、おずおずとiPhoneを差し出したのである。画面にはうちの大五郎が。

iPhoneに入れてあった大五郎の写真iPhoneに入れてあった大五郎の写真

 そして出てきたニャプチーノがこれである。

リクエストするとその猫の似顔絵カプチーノを作ってくれるのだ(2012年8月 オリンパス OM-D E-M5)
リクエストするとその猫の似顔絵カプチーノを作ってくれるのだ(2012年8月 オリンパス OM-D E-M5)

 わははははははは。これはすごいっ。似てる。

 いやもう、これだけでも暑い中、ホットのニャプチーノを頼んだだけの価値はあるでありましょう。

 料理もデザートも飲み物も基本的に猫をモチーフにしていて、出てくるクッキーは猫を型どったものだったりするのだ。カップもお皿ももちろん猫もの。

 ちなみに、このお店の人気メニュー「猫顔カレー」はこんな感じ。とにかく、猫なのだ。

ほかのお客様が頼んだカレーを撮らせてもらった。茄子とおくらがいい味を出してます(2012年8月 オリンパス OM-D E-M5)
ほかのお客様が頼んだカレーを撮らせてもらった。茄子とおくらがいい味を出してます(2012年8月 オリンパス OM-D E-M5)

 その上、猫もいたりいなかったりするのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART