このページの本文へ

最大94パーセントまで電力を効率化する省電力設計を採用

87%性能アップで94%省エネ!新Sun x86サーバー登場

2012年05月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月16日、日本オラクルはXeon E5-2600ファミリーを搭載する「Sun x86」新製品を発表した。

 Sun x86サーバーは、オラクルのデータベース、ミドルウェア、業務アプリケーションに最適化することにより、高い性能と信頼性を提供。OSは「Oracle Solaris」や「Oracle Linux」に対応するほか、仮想化技術「Oracle VM」も使用可能だ。

 新しいSun x86サーバーは、省電力の低電圧DIMMや電源装置などにより、前世代モデルと比べ最大94パーセントまで電力を効率化する省電力設計を採用。熱センサー、空調を効率化するアルゴリズムにより、ファン速度や電力効率、システム性能を自動で調整する。

 処理性能においても、同社調べによればプロセッサコア数を33パーセント増加し、最大87パーセントの性能向上を実現。メモリ領域およびネットワーク帯域も拡充しているため、同一の物理環境において、より多くのソフトウェアを稼働し、より高速な処理を実行できるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ