このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新「iPad」は今こそ買い時! そのすべてを徹底検証 ― 第3回

新iPad/iPad 2/初代iPad、ベンチマークで性能比較!

2012年05月15日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 第3回レビューでは、初代iPad、iPad 2(試用機のアクティベーションは2011年3月19日)、新iPadのベンチマークを中心にチェックしていく。

 新iPadの場合、iPad 2からのアップグレードだけでなく、初代iPadからという人もいれば、もう少し待つべきか迷っている新規ユーザーもいるだろう。Retinaディスプレーで「これだ!」と思ったのなら、何も考えずにゲットしたほうがいいが、処理性能や体感速度を気にする場合は、やはり明確な違いがほしくなる。

 初代iPadからの場合、ぶっちゃけてしまえば、すべてが快適になる。一方、iPad 2からアップグレードの場合は「どうなの?」と感じている方が多いだろう。今回のチェックで、そんな疑問が解消できれば幸いだ。

新iPad Wi-Fiモデル(ブラック)Wi-Fi+4Gモデル(ホワイト)

 もうひとつ。今回、カメラ性能のチェックも行なっている。iPad 2新iPad、そしてiPhone 4Sの3機種で比較写真を撮影してみた。画素数でいえば違いは明確だが、新iPadでメモ代わりに撮影するという人もいるだろうし、コンパクトデジタル代わりにiPhone 4Sを検討している人もいるだろう。そんなことでチェックをしている。また「Apple iPad Camera Connection Kit」での読み込み速度の比較も行なっているので、写真派の人も確認してもらいたい。

「Apple iPad Camera Connection Kit」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中