このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト第16回

痛恨のクラッシュ! GT富士戦はアクシデント続出

2012年05月04日 05時38分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 ●撮影/鉄谷康博、加藤智充、近江 勤、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いきなりのアクシデント!
SUPER GT第2戦富士スピードウェイは波乱の幕開け

 ゴールデンウィーク後半の大渋滞をものともせず開幕したSUPER GT 第2戦、富士スピードウェイ。ミクZ4(0号車)は再び表彰台に、Mirai Z4(4号車)は今度こそポイント圏内に滑り込むため、意気揚々と富士に乗り込んだ。

 しかし、雨。岡山戦に続いて、またもや大雨である。予選日(5月3日)の天気予報は降水確率100%と、雨女の異名を取るミクさんがこの日も荒ぶっていた。朝から叩き付けるような大雨だったが、予定通りレースは進行し、朝イチの練習走行が始まった。

 ほどなくして、とんでもない情報が入ってきた。

――4号車(Mirai Z4)が大クラッシュ!

 チーム関係者も、ファンも、もちろん筆者も目の前が真っ暗になった。スタートドライバーを務めたのは番場選手だったはずだが……。そのまま赤旗中断となり、Mirai Z4はレッカーで戻ってきた。右前方のエアロが派手に壊れている。

気合い十分、練習走行に挑む番場選手出発を見つめるミクZ4ドライバーたち
いざ、ピットアウト!Mirai Z4の走行写真はこれだけとなってしまった……

 鈴木代表や大橋監督の話では「スペアパーツがあるから、明日の決勝までには直せるけど、予選の走行は無理」とのことだった。ピットに戻ってきた番場選手に状況を聞くと……。

番場「300Rは水はけが悪くて、川ができやすいのは分かっていたですが、内側の水たまりに乗ってしまったんです。ハイドロ(プレーニング)でコントロール不能になってしまいました。いきなりこんなことになってしまって、応援しにきてくれた人たちにも申し訳ないです」

 と、すっかり意気消沈。佐々木選手はまったく乗ってなかったので、またもやテスト不足で決勝に挑まなくてはならない。なお、この後もさまざまなマシンがコースアウトやスピンをしていたが、中でも#5 マッハ号(Ferrari458 GT3)は深刻なクラッシュ(ボディーフレームのゆがみ)により、決勝を待たずしてリタイヤとなってしまう。

クラッシュがモニターに映し出された瞬間、ピットの誰もが驚愕。相方の佐々木選手には特に衝撃だっただろう番場選手のクラッシュを受けて、極めて渋い目になっている谷口選手
ドナドナされて戻ってきたMirai Z4。ボンネットが外れたため、ミクダヨーさんの姿がないパーツを外す前に洗浄して、入り込んだ泥などを落とす
いつも優しい笑顔の安藝社長だが、その顔に微笑みはない。予選後の生放送でも怒り心頭だった

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

デル株式会社