このページの本文へ

au版iPhoneのキャリアメールが3/13からリアルタイム受信対応

2012年02月23日 14時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは同社ウェブサイト上で、au版iPhone 4SがEメール(いわゆる「@ezweb.ne.jp」のドメインを用いるキャリアメール)のリアルタイム受信に3月13日から対応することを発表した。

 au版iPhoneでは、「メッセージ」アプリを用いてメールを送受信する「MMS」への対応も3月中に予定しているが、まずは「メール」アプリを用いてのリアルタイム受信(現在は15分間隔)からスタートすることになった。

 また、iPhoneの通知センター(Notification Center)を利用することで、メールが着信した際、ロック画面にそのメールのSubject/Fromを表示させる機能も利用できる。さらにロック画面で「読む」に切り替わった解除バーをスライドすることで、直接メールを開くことが可能だ。

 ソフトバンク版のiPhoneでは、メールアプリを用いるのは「@i.softbank.ne.jp」、メッセージアプリを用いるのは「@softbank.ne.jp」と異なるアドレスになるのに対し、au版はメールアプリ/メッセージアプリで「@ezweb.ne.jp」のキャリアメールがリアルタイム受信ができるようになる。前述のMMSへの対応後は、この点でソフトバンク版に対する優位点となりそうだ。

 実際の設定は3月13日以降にあらためて、Eメールの初期設定を行ない、リアルタイム受信用のプロファイルをダウンロードする必要がある。なお、このリアルタイム受信は、3G接続はもちろん、無線LANのみの環境でも利用可能だ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中