このページの本文へ

PlayStation Certifiedに対応、ゲームキーパッドを搭載

Xperia PLAYの詳細がいよいよ明らかに!

2011年09月14日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電話もできるゲーム機? ゲームもできる電話機?
世界待望のマルチなスマホ「Xperia PLAY」が登場!

 今年の2月、MWCで華々しく発表されたXperia PLAY(関連記事)。海外ではすでに発売され、日本への上陸が待たれていたが……。ついに、日本でもPLAYできるようになる!

 ドコモから「Xperia PLAY SO-01D」として10~11月に発売を予定しているXperia PLAYは、外見はXperiaの面影を残しつつも、SCEからリリースされている「PSP Go」のようなインターフェイスになっている。ただし、アナログスティックはなくなり、「アナログタッチジョイスティック」に進化した。

 GPUにAdreno 205(245MHz)を採用し、初代プレイステーションのゲームが20タイトル、プレインストールされるXperia PLAY専用のゲーム3タイトルなどがグリグリ動くのだ。PSやPLAY対応ゲームだけでなく、Androidのゲームだって遊べるぞ。

 予約は10月中旬以降に全国のドコモショップでできる。

 他のXperiaシリーズと違い、ゲームに素早くアクセスするために特化したホーム画面、ゲームランチャーが特徴。ホーム画面から直接PlayStation Storeにアクセスし、ゲームをダウンロードすることができる(PSのゲームの場合)。PLAY対応ゲームもランチャーから、Android対応ゲームはドコモマーケットかAndroidマーケット、PS Store以外のゲームメーカーの対応ゲーム・サイトを紹介する「PlayNow Game」(予定)というサービスからダウンロードできる。

 さらに詳細な情報はASCII.jpでもレポートしていくので、しばしお待ちを!

「Xperia PLAY」の主要スペック
メーカー ソニー・エリクソン
ディスプレー 4型液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ 約62×120×16.4mm
重量 約175g
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8255 1GHz
GPU Adreno 205(245MHz)
OS Android 2.3
カメラ画素数 約510万画素(インカメラ30万画素)
バッテリ容量 1500mAh
メモリー 内蔵:最大400MB 外部:microSDHC 最大32GB
連続待受時間 約480時間
連続通話時間 約340分
Wi-Fi 802.11b/g/n
DLNA
3G 上り:最大5.7Mbps 下り:最大14Mbps
Bluetooth v2.1 + EDR
テザリング
カラバリ ブラック

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART