このページの本文へ

聴く距離で迫力が変わる!? ボーズのPC用スピーカー

2011年07月26日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Companion 20 multimedia speaker system」
「Companion 20 multimedia speaker system」

 ボーズから、PC用の2chスピーカー「Companion 20 multimedia speaker system」が発表された。販売価格は3万3600円で、7月28日発売となる。

内部の透過図。本体下方にドライバーユニットがあり、その上から背面にかけてポートが伸びている。スピーカー背面からも音が出るため、壁際などに置くと効果的だ 内部の透過図。本体下方にドライバーユニットがあり、その上から背面にかけてポートが伸びている。スピーカー背面からも音が出るため、壁際などに置くと効果的だ

 スピーカー内部に配置された新開発のドライバーユニットとポート(管)により、サブウーファーなしでも迫力のあるサウンドを再生できるのが特徴。独自の「TrueSpace ステレオ・デジタル・プロセッシング」回路により、PCの近くから3mほど離れた場所まで、広範囲に音をカバーする。

 実際に3mぐらいの距離から音を聞いてみたが、サブウーファーがないのが不思議なぐらい、低音に迫力を感じた。しかし、そのままスピーカー(PC)の目の前まで移動すると、低音が和らいで周囲を包みこむような音になる。

「コントロールポッド」。上がボリュームつまみになっており、下に音声入出力がある アンプが内蔵されている右側スピーカー背面には、音声入力(ミニジャック)やコントロールポッド接続端子などがある
「コントロールポッド」。上がボリュームつまみになっており、下に音声入出力があるアンプが内蔵されている右側スピーカー背面には、音声入力(ミニジャック)やコントロールポッド接続端子などがある

 スピーカー(1本あたり)のサイズは幅90×奥行く147×高さ220mm。ボリューム調整用つまみと音声入出力(ミニジャック)を搭載した「コントロールポッド」が付属し、携帯音楽プレーヤーの出力やヘッドフォンの接続が可能だ。

従来の「Companion 2 Series II multimedia speaker system」のスピーカー(手前)よりも、高くなった分、奥行きは短くなった 従来の「Companion 2 Series II multimedia speaker system」のスピーカー(手前)よりも、高くなった分、奥行きは短くなった

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART